「ほっ」と。キャンペーン

美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

タグ:TRIBE'S EDITION ( 3 ) タグの人気記事

カンタ

(この記事の筆者はトライブ榊氏です。)

引き続いて手仕事ファンにとって嬉しい情報が満載の「銀花」の紹介です。
b0132180_16523637.jpg

創刊30周年記念特別企画「母の手」というなんとも懐かしく暖かい響きのタイトルです。
中では、糸と針の仕事としてアジア各地の「母の手」による針仕事の数々が紹介されています。
「日本」からは 刺し子・・・・
          百接ぎ・・・
          背守り・・・
韓国・中国・台湾・モンゴル・ネパール・インド・バングラデシュ・フィリピン・ラオス・
アフガニスタン・イラン・トルコ・シリア・パレスティナの国々に共通する針仕事が紹介されています。
これを見ると国境や民族などは意味が無く、どこも同じく母は一針・一針に、子供の成長を願う
気持ちは同じだと思える。
b0132180_1721740.jpg


特集号なので「全アジア・刺し子の系譜」道明三保子著など充実した、刺繍=刺し子
の世界が堪能できる。
[PR]
by kizashinoj | 2008-06-30 17:16 | 展示品解説、関連情報

カンタとは?

(この記事の筆者はトライブ榊氏です。)

カンタには、サンスクリット語で『苦行者がはおっていた継はぎした布』という意味があるようだ。
これはまさに、インド~バングデシュ地域をイメージさせる。
言い換えれば、「乞食の着ているぼろ布」ともいえるかも知れないのだが、これが実に
良い風合いなのだ。日本でも大ヒットしたインド映画で踊るマハラジャというのがあったが途中で主人公は乞食=苦行者に身を窶して、豪華絢爛の俗世界から修行の旅にでる。
おそらく彼らの中では、そのイメージは「俗」から「聖」への自然な行動なのだろう。
このカンタにはインドという世界の精神世界の中心=高い霊性を持ち続けてきた民族の
スピリットが込められているように思えてならない。

これから約1ヶ月このカンタから何が見えてくるのか、とても楽しみでもあり、少し恐ろしいようでもある。

b0132180_12571358.jpg


b0132180_125872.jpg


b0132180_12582971.jpg

望月真理コレクションから~

カンタは見た目もさることながら、触ってみるとなんとも気持ちいい。
そしてなんだか懐かしい~気分になる。
それは使い古されたて、薄くなった木綿地のサリーやドーティ(男性の腰布)などを
何枚も重ねて、そこにサリーの端糸などを、いちめんにチクチクと何度も何度の重ね
縫いをして出来上がった布である。
赤ちゃんのお包みやおねしょ布団などに使われる、究極の再利用(リサイクル)品でも
ある。この使い古された木綿がなんとも肌に優しく、暖かいのである。

b0132180_1353223.jpg

b0132180_1371758.jpg

望月真理コレクションから~
[PR]
by kizashinoj | 2008-06-23 12:56 | 08年バングラデシュ展
(カンタについての記事筆者は、美しい世界の手仕事プロジェクトのトライブ榊氏です。)

現在のバングラデシュ=ベンガル地方に古くから伝わる生活の中の布『カンタ刺繍』に
ついての資料はそう多くない。
なぜなら『カンタ刺し』はまさに庶民の生活の中から生まれてきた布であり様式美が
伝統的なイラン=インドの宮廷文化とは対極にあるものだからかも知れない。

まずは、今回紹介する望月真理さんを紹介している、文化出版から出ている『銀花』を
紹介したい。
b0132180_12323935.jpg

2004年春号第137号
ここでは特集 『糸の華満開』として三つの地域に伝わる伝統的な針仕事が紹介されている。
この中で、『天と「地を繋ぐ刺繍絵』 としてカンタが紹介されている。
b0132180_12382076.jpg

この中で望月さんは『針を持つことは喜び』であると言っている。
同時にカンタの持つ自由奔放で融通無碍。どこまでも人間くさいこの刺繍に心底惚れ込んでしまったとも述べている。

今回は自分がカンタを刺す女達と同じ目線、同じ気持ちでのめり込み、収集せずにはいられなかった、彼女の集めたカンタ刺しを紹介できるという出会いに感謝したい。
[PR]
by kizashinoj | 2008-06-22 12:27 | 展示品解説、関連情報

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj