美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ
師走です。こちらブログもときどきアップしてます(アップ予定です)。^^

寒くなりました。手仕事クイーンTさん、ラクダ用にサドルバッグづくり。
ヒトコブくんもフタコブくんも、プレゼントしてもらいましたよ〜。

b0132180_20481635.jpg


b0132180_20482884.jpg


* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *… * … * … * …* … * … *

手仕事ブログ、できれば布ものを、と思っていますが、なにぶんド素人。説明もなにもなし、で恐縮です。やきものならば、少しは書けるんですけど、、テキスタイルや毛織物はとてもとても。。

そんなわけで、先日、トーハク(東京国立博物館)で見た粋な「火事羽織」を。
実用でいなせで、すごいなあ。「無事鎮火したあかつきには、裏地の派手な描絵模様を見せて市中を歩いた」、、場面が浮かんできますね。

b0132180_2051388.jpg
(東博にて撮影。説明を以下に引用::火事羽織/紺木綿地刺子人物模様/江戸時代、19世紀/江戸の町方では鳶職の人々が組体制で火消しの役割を果たした。表は籠目模様を型染にし、木綿地を刺子にして防火を強化した。無事鎮火したあかつきには、裏地の派手な描絵模様を見せて市中を歩いた。襟には火消しの組名「平野」の文字を染める)

b0132180_20523046.jpg
(刺子には防火の意味があるんですね)

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … *… * … * … * …* … * … *

9月下旬に、ワケあってトルコに行ってきました。陶器づくしの日々だったのですが、おじゃましたお宅やバザール、ショップで、オヤも拝見。いくつか購入してきました。
可愛らしすぎるというか、以前はそれほど惹かれていなかったのですが、見るごとに興味が増してきました。

陶芸の絵付け作家のお宅にうかがったとき、奥様がいろんな種類の手作りのお菓子を出してくださるので、もしかして、、と思い、「オヤとかお作りになりますか?」とお聞きしたところ、「もちろんよ。たくさん持っているわよ」。ラッキー!「ここ(夏の家)には、あまりないけどね」と、言いながら、きれいなスカーフやテーブルクロスを見せてくださいました。

b0132180_20581369.jpg


b0132180_20582642.jpg


b0132180_20594697.jpg


可憐でかわいいですね〜!
「どのくらい時間がかかりますか」との質問には、「ひとつ5分くらいかしら」、、5分、、、。家事の合間に少しずつ進めるので、一枚のスカーフを数日かけてしあげるそうです。

b0132180_20595458.jpg


b0132180_2133889.jpg


こちらでいただいたお菓子、焼き菓子やパウンドケーキなど、どれもとびきり美味しかったです。トルコの粉ものは本当においしい。でもお菓子は一般的には甘過ぎで、ちょっと食べにくい、、(個人的な意見ですが)。家庭のものは、やさしい甘さで本当においしかったです。

↓ こちらは別の陶芸家一家を訪問した際に見せていただいた、代々女性が受け継いできた手芸の小物。繊細です。

b0132180_214681.jpg


おばあさまやご両親の話を聞いたり、ご夫婦のこれまでのお話を聞いたり(いつも満面の笑顔のお二人ですがご苦労された時期もあったそうです)、お茶を飲みながらのおしゃべり。何気ないけれど、とても和み、とても楽しかった。
DVDを見たりパーティをしたり外でごちそうを食べなくても、ふつうのおしゃべりが最高のもてなし。心は満たされる。

トルコで思ったのは、皆さん器用、ということ。陶器の絵付けも数年でプロ並み、というか、女性たちもプロとして職業にしています。そのような女性だけの専門のショッピングモールもありました。
おおらかな印象の女性たちですが、手先が器用で細かいことが上手!
またいろんなものを見にいきたいな!^^
[PR]
# by kizashinoj | 2011-12-01 21:13 | 世界の手仕事の品々

霜月便り 青の魅惑

こちらのブログ、6月の「東北の手仕事」終了後、すっかりそのままにしてしまいました。この間も、お立ち寄りいただいた皆様、どうもありがとうございました。何もアップがないままで、ごめんなさい。あっという間の5か月でした。

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * …

世界の手仕事関連情報や更新は、「世界の手仕事 オフィシャルサイト」に集約されていますので、こちらをごらんいただくと関連各サイトに飛べます。よろしければご活用ください。

「(オフィシャルサイト)世界の手仕事WEB」

「世界の手仕事」は、facebookの方でも盛り上がってきています。時系列で見やすく、刻々と更新の確認ができますので、便利です。たぶん、公開になっているはず。こちらもご参照ください。コメントなども、お寄せください。あと2名で「いいね!」の方が100名ということで、青葉台エスニカさんが何か企画中とか!? 100人目の「いいね!」を狙ってください☆ (100人目の方にモノをプレゼント、ということでもないですが、まあ遊び心で・・♪(*^_^*)♪・・)

「(facebook)世界の手仕事」

下記は、当ブログ管理人のブログです。週に1回は更新するようにしていますが、ままならないことも多々あります。やきもの関係の話、とくに中央アジア、西アジア関連が多いですが、よろしければ、、

「(ブログ)イスラムアート紀行」

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * …

こんな展覧会、あります。チラシ(表面)をアップします。
二つは「青」をテーマに同時開催中です(2012年3月20日まで)。

「青の魅惑」は、イラン・トルコ・ウズベキスタンのやきものを展示します。
「青 空と水とやきもののはじまり」は、子どもたちにも楽しめる内容で、なぜ空や水は青く見えるのかの実験や、エジプトの青のファイアンスタイルのあった場所を再現するなどしています。

b0132180_851581.jpg
(「青の魅惑 イラン・トルコ・ウズベキスタンのやきもの」)


b0132180_8511479.jpg
(青をテーマにした展示。「青 空と水とやきもののはじまり」

会場は、愛知県常滑市にあるINAXライブミュージアム。常滑はINAX創業の地で、ライブミュージアムは5つの館からなるユニークな複合施設です。

展覧会のサイトはこちらです。
◎ 「青の魅惑 イラン・トルコ・ウズベキスタンのやきもの」

会場は、このような感じです。
◎ 世界のタイル博物館

◎ INAXライブミュージアム

日本で紹介されることが少ない、西アジア、中央アジアの現代の作家の作品を展示しています。準備のエピソードは、悲喜こもごものてんこもり!(^_^;))))ですが、無事開催に至りました。

b0132180_9332458.jpg
(青の魅惑出展作品より/トルコ、キュタフヤの作家、メフメット・コチェル氏/大壺/タシュ・チニ〜オスマン朝時代に中国陶磁に憧れて生み出された技法によるやきもの。1990年代より作家や工房などが、その復元に取組んでいる。石英比率が高く、真白な肌に青の絵付けがくっきりと、かつ泳ぐように浮かびあがり、美しい。タシュは石の意味〜)

* … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * * … * … * …* … * …

こちらのブログ、なかなか更新できません。ぼちぼち、という感じかと思います。すいません。

皆様、どうぞお元気で!すてきな日々をおすごしくださいね。だんだん寒くなってきましたので、風邪などひかれませんように。いつも立ち寄ってくださって、感謝しています!
[PR]
# by kizashinoj | 2011-11-06 09:20 | ミュージアム・展示会

次のプロジェクトまで

「東北の手仕事」終了から1か月がたちました。
日本の手仕事や風景や暮らしや人のことを考えた数ヶ月。
これからも、見て、出会って、知りたいと思っていく日々でしょう。

b0132180_22584882.jpg


次の何かが始まるまで、ひとまずブログをお休みいたします。
今年は、とりわけ暑さもきびしい夏。
皆様、どうぞ体調をご留意され、安らぎのある日々でありますように。

プロジェクトを応援してくださって本当にありがとうございました。
[PR]
# by kizashinoj | 2011-07-12 23:01 | 日々
食べられなかった皆さん、これ、タイミングですから、、タイミング!そのとき、その場にいた人にご縁があるということで、写真で味わってくださいね。m(_ _)m

気仙沼漁協さん、手仕事プロジェクトをお気遣い頂きまして、本当にありがとうございます。
心より御礼を申し上げます。
魚、食べに行きます!

手仕事チーム、たまにはこんな時間もいいですよね。またまた気仙沼と心を通わすことができたひとときでした。Eちゃんご一家、突然失礼しました!m(_ _)m

b0132180_0393784.jpg
(気仙沼で水揚げされたカツオ。びっくりしました〜、、)

b0132180_0423470.jpg
(刺身、生臭さなし。品のいい味。これがカツオの味だったんだとカルチャーショック)

b0132180_0431270.jpg
(タタキ2種、手前炙り、後ろ炙り冷やし。温かい炙りと木の芽、レモン、この味、忘れられません!)

b0132180_0445157.jpg
(レモンと一緒に炙り熱々バージョン再掲)

b0132180_0452647.jpg
(Eちゃんの韓国風海苔巻き、絶品!)

b0132180_0463221.jpg
(イカの薫製とコチジャンと葱で、えも言われぬ酒の肴。ヤミツキの一品)

b0132180_0473622.jpg
(貝のチゲ。このスープが最高!Eちゃん、理想のお嫁さん候補ナンバー1!)

たまには、こんな記事もよいでしょうか。ここんとこ、なかなか時間取れず、ちゃんとした記事をアップできずに、ごめんなさい。もう少しこんな日々が続きそうです。

暑い毎日、どうぞ皆様、お体ご自愛くださいませ。手仕事チームより。
[PR]
# by kizashinoj | 2011-07-03 00:56 | 東北の手仕事2011
ご報告です。「東北の手仕事」(6月10〜12日開催)で多くの方々にご参加いただいた「大漁旗補修再生」、6月18日の100ケ日法要に間に合うように、14日、横浜より気仙沼にお送りしました。

イキイキとした姿に蘇った真っ赤な大漁旗は、表情豊かな手づくりの海の幸を全面に纏い、元気に地元気仙沼に戻っていきました。
そして18日、気仙沼の潮風にはためきました。

b0132180_2249624.jpg
(「気仙沼を元気に ブロガー通信」より引用させていただきました)

大漁旗を作った人の思い、それを掲げ出港した人達の思いがある。
津波で流され、引き裂かれた旗を握り締め、
ただひれ伏し、涙を流すしかなかったあの日の思い。
負けないで欲しいと一針一針縫い上げた人達の思い。
そんな、一人一人の思いが重なって、この旗はここにある。 (中略)
震災後、失くしてはいけないと、ひたすらに集めた大漁旗の一枚が、
みんなの思いで物語を刻み始めた。
全ての物が流されようと、人の気持ちは残る。
物語は、まだまだ始まったばかり、焦らずに足元を固めて行こう。

「気仙沼を元気に ブロガー通信/引き裂かれた大漁旗は復興を約束した血判状の如く」より

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

真っ赤な大漁旗のこと、繰り返しになる部分も多いかと思いますが、もう一度最初からご紹介したいと思います。

もともと、どうして「大漁旗」だったかというと、、

「東北の手仕事」は、「東北の風土と文化、それを体現する手仕事を、まず知ることから始めたい。知り、出会い、触れたい。そこから始まり、そこから生まれるものがあると信じて」というところから始まりました。

(詳細は「主旨 背景〜企画に至るまで」

b0132180_23475125.jpg


思いだけが先走るようなゼロからのスタート。暗中模索のプロジェクトの指針として、東北の風土と気質を体現するような、そして元気の出るような力強いイメージシンボルが欲しかった。

とりわけ被害の大きかった沿岸部、その復興を願うとき、描いたのは大漁旗がはためく光景でした。
会場にも大漁旗をはためかせたい。思いを共有する一歩にしたい。

しかし大漁旗自体、ふだんの生活で接するものではなく、どのように入手してよいかもわからず、当初はヤフーオークションで小さなもの(新しいもの)を購入するしかできませんでした。

また、手仕事をテーマとする3日間ならではのプログラム「手仕事好き集合!大漁旗を作り被災地へ届けよう!」をチラシやWEBにもアップしましたが、参加してくださるかなあ、、と少しドキドキしていました。

この間も、抜群の行動力でプロジェクトを引っ張るYさん(ekekoさん)は、気仙沼の友人と連絡を取るべく動いていました。ようやく携帯電話が通じて、、

「通常「大漁旗」は船に積んであるものだし、港の漁業組合の保管所も流され、上鮪立の大漁旗の大半が、3.11に消失してました。でも、奇跡の「大漁旗」があったのです、残っていたのです!」

立派な3枚の大漁旗!!初めて見る大漁旗、大きい!図柄も勢いがあり素晴しい!!その力強さに励まされるように準備を続けました。

b0132180_2355423.jpg


(詳細は、「気仙沼から「奇跡の大漁旗」がやってくる!」

b0132180_235183.jpg


そして開催を明日に控えた9日、ご縁があって気仙沼のIさんより、小包が届きました。

「この旗は、津波で流され、引き裂かれた物です。
多くの大切なものが流され、無惨な姿になりました・・・
この、大漁旗は、破れて使えませんが、まだ綺麗な状態でみつかりました。
よろしければ、この生地を皆さんで作る大漁旗の一部に使ってください。
もう一度、風を受ける旗の一部として蘇らせて頂ければ幸いです。」

b0132180_235053100.jpg


その場に居合わせた手仕事人たち、すぐに針に糸を通し、引き裂かれた大漁旗を繕い始めました。

b0132180_23513778.jpg


さすがに手早く補修が進みます。さらには文字を強調するなどのさまざまな工夫も始まりました。

b0132180_2358947.jpg


(詳細は、「引き裂かれた気仙沼の大漁旗を蘇らせよう」

会期中は、来場された多くの方々が一針一針、心をこめて縫い上げてくださいました。
多くの人の心が、会場に独特の空気、一体感を生み出し、皆さん良い笑顔で仕事をされていました。
知らない人同士が語り合い、子どもたちも仲良くなっていました。
初めて針を持つ4歳の女の子、最初はガタガタとした縫い目でしたが、あっという間に上達!お母さんに針を持ってはダメと言われていたそうですが、とっても上手にできました。

b0132180_2352272.jpg


自宅で手づくりの魚を作り、持参してくださった方々も。その場でもたくさんの魚や貝を作っていただきました。

b0132180_23582969.jpg


(詳細は、「熱いです、東北手仕事!」

そして、12日夕方、再生大漁旗がイキイキとした姿を現しました。
真っ赤な大漁旗。たくさんの海の幸。元気満載!

b0132180_23503411.jpg


この日は撤収日だったため、ゆっくり見る余裕もなく、大急ぎ。
そして14日、青葉台エスニカさんにて撮影した後、気仙沼にお送りしました。

(詳細は、「気仙沼の真っ赤な大漁旗、イキイキと!」

b0132180_23522328.jpg


皆さん、積極的に、というよりも、とても自然なかたちで参加されていました。
一針一針、心をこめて刺してくださいました。

真っ赤な地色に海の幸を纏い、イキイキとした姿で海風に揺れる大漁旗。その写真を見るだけで、今も元気づけられます。不思議なパワーを秘めた生命感あふれる大漁旗です。

b0132180_23483062.jpg


思えば、最初から、東北の方たちに勇気づけられ、励まされてきました。
プロジェクトのゼロからのスタートを支えてくださり、盛り上げて下さったのは、東北の手仕事人、東北を愛する地元の皆様でした。
その心意気、粋なセンス、温かさに、どれだけ力をもらったことでしょう。

東北支援、というより、こちらが支えていただいたのです。
震災後、縮こまっていた不安ばかりの心を、シャキッとさせてもらい、前を向いていくエネルギーを分けてもらいました。

b0132180_23525361.jpg


気仙沼の皆様、被災地の皆様が、一日も早く安全で安心な日々を取り戻されますように。
豊かな海や山とともに仲良く幸せに暮らしていかれますように。

b0132180_23484426.jpg


そして、、
大漁旗再生にご参加くださったすべての手仕事人、手仕事ファン、来場者の皆様。見守ってくださった皆様。
本当に本当にありがとうございました。
皆さんの熱い気持ちが、大漁旗を真っ赤に染め上げました。
その思いは、気仙沼の皆様に伝わっています。

『つなぎ、つむぎ、つたえよう。世界の手仕事、東北の手仕事』
「手仕事フェスタ4+東北の手仕事」のメッセージ。
真っ赤な大漁旗は、つなぎ、つむぎ、つたえてくれました。
そしてこれからも、つなぎ、つむぎ、つたえていってくれることでしょう。

ありがとうございました。

b0132180_23573937.jpg

[PR]
# by kizashinoj | 2011-06-27 00:11 | 東北の手仕事2011
「東北の手仕事」は、6月10〜12日の会期を終え、無事終了致しました。

ご来場の皆様、天候がすぐれないなか、港北中川までお出かけくださいまして、誠にありがとうございました。震災後3か月、集まりや催事が微妙な時期が続いており、どのくらいの方にご来場いただけるかまったくわかりませんでした。多数のご来場に、一同大変励まされました。感謝申し上げます。

ハウスクエア横浜((株)日本住情報交流センター)様、今回もまた広々とした会場を使用させて頂き、様々なご配慮を頂きましたこと、心より御礼申し上げます。

そして、貴重なコレクションを貸し出してくださいました皆様の心意気、温かさに、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。(コレクターの皆様、出演者のご紹介は次回にさせて頂きます。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回は、皆様からの義援金につきましてご報告させて頂きます。

プロジェクトでは、会期中「鯰猫神社」を設営。お札もたっぷり入る大きなお賽銭箱を置かせていただきました。
鯰を踏み災いを避け福を呼ぶ仙台の猫様の手に誘われるように、また踏まれても良い笑顔の鯰氏の愛想良さもあったのか、皆様に多額のお賽銭をいただきました。
誠にありがとうにゃんございました。皆様の応援のお気持ちは総額59,951円となりました。

b0132180_16254729.jpg


b0132180_16273626.gif


またフェスタ出展者のオークションにより、チャリティ部分の利益が63,000円となりました。
オークションは破格のスタート値で始まり、そこから上がチャリティとなりました。世界の手仕事を志を持って出品してくださいました手仕事フェスタ4出展者の皆様に感謝申し上げます。
b0132180_16251445.jpg

b0132180_1625137.jpg


御浄財59,951円(60,000円)+63,000円、合計123,000円を次の2団体様に、6月20日、61,500円ずつの形で、お送り致しましたことをご報告致します。

1:天旗を子どもたちに伝える活動 様
2:気仙沼漁業協同組合 様

b0132180_1629417.jpg
(販売用天旗売上げを加えた額14万円をお送り致しました)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<追記:「エクレール お菓子放浪記」試写会 チャリティ支援金 御礼>

6月12日開催の「エクレール お菓子放浪記」試写会後のチャリティ募金、御礼申し上げます。
約28000円の義援金を、その場で制作委員会の横山さんにお渡し致しました。
義援金は、「エクレール基金」として、次の目的に使われるそうです。

1:映画のロケ地となり震災で失われた光景を蘇らせる活動(北上川ヨシ原再生など)
2:石巻岡田劇場支援
3:映画にエキストラで出演され、震災で亡くなられた方のご遺族の支援

具体的に何に使われるかがわかると、気持ちも張り合いがあるように思います。
バレエ教室のかわいらしい皆様もお小遣いからチャリティに参加してくださいました。皆様、どうもありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
再生大漁旗のこと、コレクターの方、個性的な出演者の方々、書きたいことは多々ありますが、まずは義援金のご報告をと思いつつ、1週間たってしまいました。ようやく郵便局に行けて、ホッとしています。
これから、会期中のことなど、いろいろご紹介していきますね。
また遊びにいらしてください!
[PR]
# by kizashinoj | 2011-06-20 17:05 | 東北の手仕事2011

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj