美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

手仕事とシアワセ

年収とシアワセについてのアメリカでの調査に関する記事がありました。(08年から09年、45万人に電話調査/米プリンストン大学ダニエル・カールマン教授(行動経済学)らによる。楽しい気分、幸福感、悲しみ、ストレスなどのそれぞれを電話前日に体験したかを尋ね感情的な幸福度を調べた)

b0132180_23393378.jpg
(アンデスの手仕事/山本コレクションより)

結果。
「日々の幸せを感じる度合いは世帯年収が上がるにつれて高くなる傾向があるが、7万5千ドルを超えると、ほぼ頭打ちになった」

「世帯年収が高い人ほど、良い感情を体験した人の割合が高く悪い感情は少ない傾向があった。だが7万5千ドル程度以上ではこうした傾向がなかった」

これって、肌感覚としてわかる気がします。
人間、たとえば食でいえば2000キロカロリーくらいが適当といいますよね。あまりに少ないと生命や生活に支障をきたす場合もありますが、過剰になってしまうとこれもよくありません。胃袋の大きさは決まっているのだから、そんなに食べられない。

お金も同じことじゃないのかな、と思っていました。
暮らしていくのにお金は必要で重要。ゆとりの部分も欲しい。でも、多ければ多いほどいいというものではないかも。

以前アメリカの富裕層についての本を読んだ時、そうだろうなと思ったことがありました。リーマンショック前、アメリカ全体がバブルで住宅を担保にお金を借りまくって過剰に消費をしていた頃、起業や投資等々で成金というかニューリッチな人たちもたくさん登場。いきなり豪邸に住み、お手伝いさんを雇い、、でも、その人たちは、いつかこの暮らしを失うのではという不安感が常にあり、セキュリティに神経をすり減らし、住み慣れない豪邸にとまどい、新たな交際や雇った人たちとの関係に疲れていました。

富豪になる、のではなく、富豪として生きる、には体力と精神力がいると思う。ビル・ゲイツやボノは、知性があるから社会貢献してバランスを保っている。これだと思う事業には投資するけれどプライベートはふつうという若い経営者も多そう。新世代の感覚で、世界にお金を循環して欲しいものだ。

b0132180_23402072.jpg
(アンデスの”つなぎ”)

さて、調査結果続きです。
「一方、考えうる最高の人生と最悪の人生があるとしたらあなたの人生はどの位置か、という人生の満足度11段階評価では、年収高いほど自己評価高まる傾向が続き頭打ちにならなかった」
「教授らは、高い年収で満足は買えるが幸せは買えない、と結論づけ、高い年収の人は小さな喜びを十分に味わえないのではと示唆している」
「大学卒は自己評価高いが幸福とは限らない」
「高齢者はストレスが少なく、信仰心のあついひとは幸福だった」
「不健康、頭痛持ち、孤独、喫煙者は幸福度も自己評価も低い」

b0132180_2345518.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008シルクロードより)

むりやり手仕事に結びつける気はないのですが、、幸せ度や満足感と手仕事って関係あると思います。
手仕事している人は幸せそう。楽しそう。満足そう。

Jはできないけれど、見ていてそう思う。うらやましいです。
でも、見ているだけでもプチ幸せです。素敵な手仕事と出逢ったら、とても幸せです。
どんどん素敵な手仕事、見せてくださいね!☆
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-31 23:46 | 日々
アジアンスマイル、「輝け! サマルカンドブルー 〜ウズベキスタン リシタン〜」。
自分のことのようにドキドキしていましたが、胸いっぱいのうちに終了。

こちら「イスラムアート紀行/輝け、リシタンブルー!」に、放送終了後に書きました。

なんだか、ありがとう、という言葉しか出てきません。

ありがとう。

b0132180_14361.jpg
(サマルカンドブルーのタイル)

b0132180_145618.jpg
(アジアンスマイルより)

b0132180_151589.jpg
(同)

b0132180_1536100.jpg
(同)

b0132180_155750.jpg
(工房光景)
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-27 01:07 | 日々
*こちらも別途書こうと思っていたのですが、別ブログ「イスラムアート紀行」/「アジアンスマイル」にリシタンの陶芸工房が登場!に書いて、かなりヘトヘトになりました。こちらにも一部を持ってきちゃいます。重複します。ごめんなさい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0132180_22542039.jpg
(ソ連時代のリシタン陶芸家ウスタたち)

このお知らせができる日を楽しみにしていました。放送日が近づいてきました!☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
NHK アジアンスマイル
「輝け! サマルカンドブルー 〜ウズベキスタン リシタン〜」


◆本放送 BS1  10月26日(火) 23:30〜50
◆再放送 総合  10月 31日(日) 05:30〜50  
◆再放送 BS1  11月1日(月)  9:20〜40(休止の可能性もあり) 
                          
<内容>
ウズベキスタンは古くから陶器の盛んな国。かつてシルクロードの要衝としても栄えた古都、サマルカンドは、モスクをはじめ街中の建物が美しい青色のタイルでおおわれ600年以上に渡って人々を魅了している。2001年には世界遺産に指定された。
独特の青の色は“サマルカンドブルー”といわれ、世界中に知られている。
サマルカンドブルーは陶芸家の中で代々、師匠から後継者に伝えられる秘伝の色。今、ウズベキスタンでサマルカンドブルーを扱うことの出来る陶芸家は20人に満たない。

ナジロフ・ディヨール(22歳)は、伯父であり国を代表する陶芸家のナジロフ・アリシェルさんに弟子入りして7年がたつ。この夏、ディヨールは師匠から新築中のモスクに貼るサマルカンドブルーのタイル作りを任された。
師匠の厳しい指導に耐え、伝統を引き継ぐために奮闘するディヨールを追った。

◎ 番組の紹介サイトはこちら
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

b0132180_22565923.jpg
(工房光景)

この「アジアンスマイル」という番組、ご存知の方もあるかと思いますが、アジア各地で自分らしく生きようとがんばっている若者たちをじっくりと取材するドキュメンタリー。若者たちを通して、その土地の暮らしや文化に触れることができます。
もともと気に入っていた番組で、リシタンが舞台になるなんて、とてもうれしいです。

番組では、現代における伝統工芸の継承と、そのために重要な「子弟制度」もテーマ。その伝承として「青」が登場しそうです。

b0132180_22585861.gif
(リシタン古陶器)

最後に、リシタン独特の子弟制度について、菊田悠さんの素晴らしい論文から一部引用させていただきたいと思います。(菊田悠/「変化の中の『伝統』解釈と実践 ーポスト・ソヴィエト期ウズベキスタン陶工の事例よりー」/『アジア経済』2005年9月号)

* (リシタンで高級陶器作りの工房を持つAさんは)、伝統的なウスタ(職人)とショーグルト(弟子)の関係の下でこそ、高度な技能や礼儀作法、仕事に愛情を込めるという陶工として望ましい態度が養われると主張していた。
* それは以下の言葉に表現されている。「こんな一文がある。『最も新しく、美しいものは、古いものである』と。何かするときは伝統を残していかなくてはならない。新しいスタイルを考えるときも基礎に伝統がなければ、何も出てはこない」
* 「リシタンの残したい伝統はもうひとつ、ショーグルトを育てる過程、これを残さないといけない。これ(が残らないこと)は、伝統が消える主な理由のひとつだ。ウスタは自分の知っている芸術をショーグルトに伝えること。ショーグルトを伝統の精神のもとでしつけることは、基本的なことと考えられる」
* A氏は「リシタン陶業の伝統」に色や文様、形といったソヴィエト民俗学者やアカデミー会員の解釈と同じ要素のみならず、アンジュマン(ショーグルトが昇進する時の集会)やウスターショーグルト関係をも含めて想定している。そして「伝統的な」ウスターショーグルト関係を再構築することが、リシタン陶器の質の向上と発展に役立つと考えているのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろんな意味で、J、感慨があります。
ご関心がありましたら、チャンネルを合わせてみてください☆

b0132180_2255735.jpg
(サマルカンド、グルエミル)
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-21 23:00 | 日々
中央ユーラシアは見たり聞いたり行ったりの私ですが、「アンデス」、、う〜ん、名前を知っている程度、つまり何も知りません。(^_^;)

そんな私でも、興味深く拝見できたのが「アンデスの色と形」展示会。アンデス通い30年の山本悦子さん(手仕事フェスタ2010に参加)が集めた染織品や土器を大公開。
「かつてのアンデス・アートからインカ伝承の染織の技が残るピトゥマルカ村の染織品、源流アマゾン・アシャニンカ族の貫頭衣、シピーッボ族の土器や泥染め布ほか」が紹介されていました。
模様は繊細で精密、色合いもシックで素敵。素晴らしい手仕事です。

そして造作展示は、おなじみ「クイーンT」。キリリとわかりやすく。さすがクイーンと拝見しました。

10月19日(火)まで。a/h studio (東京都目黒区自由が丘1-22-23/電話03-5701-0473)。場所などはこちら

そんなわけで、説明なしの写真のみですが、アップします☆

b0132180_2052590.jpg


b0132180_20504450.jpg
(人体のマフラー状のものは赤ちゃんの抱っこ布。骨の飾りがジャラジャラと賑やか。相当にゴージャス)

b0132180_2053504.jpg
(抱っこ布を腰に巻くとジーンズに合ってオシャレに!)

b0132180_20562666.jpg


b0132180_20564834.jpg


b0132180_20595461.jpg


b0132180_21112725.jpg

[PR]
by kizashinoj | 2010-10-16 21:03 | ミュージアム・展示会
民芸や手仕事の今、みたいなニュースに目がいくこの頃&お年頃。先日は、「無名のデザイン」なる記事を発見。いろんな動きがあるんだなあということで、ご紹介。

b0132180_1704772.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008 アフリカンデザイン展より)

〜〜〜〜〜
◆無名のデザイン(日経MJより、要旨)

・ 日本(「松野屋」/荒物雑貨/日暮里に直営店)とイギリスのセレクトショップ「L&W」(レイバー&ウエスト/ロンドン)などが集めた、名もなき職人の手による生活道具の展示会が東京(アノニマスタジオ)で開かれた。
・ 展示されたのは、ブリキの米びつ、シュロを束ねたホウキ、わらで編んだ鍋敷き、ホウロウの片手鍋、荒物や金物など。若い女性でいっぱいだった。
・ 松野屋が集めているものの大半は農家や町工場が細々と作る日用品。民芸品とも伝統工芸品とも異なる独自の品揃え。
・ L&Wは、金属製のハエたたき、木製のお玉、ブリキ製じょうろ、戦前欧州で普通に見かけた生活雑貨やアンティーク。ノスタルジックでありながら古くささを感じさせない審美眼がある。「アノニマスデザイン(無名の、作家不詳)」と呼ばれる場合もある。
・ 柳宗理さん談=「デザイナーがいなくても各技術が有機的にうまく融合されているものをこう呼ぶ」「欧州は装飾的でデザインがあるものを求める消費者が多い。だがこうした商品が市場にあふれると飽きたり疲れたりする人が現れる。無印良品がロンドンで人気なのもそんな理由からではないか」。
・ 使い捨てに疑問を持つ人の増加がアノニマスデザイン見直しの背景にある。松野屋さん談:「プラスチック製の100円のちりとりとブリキで作られた500円のちりとりを並べるとかっては100円の方が売れた。だが今は消費者は400円の差だったら長く使えて味が出るブリキの方を買おうと考える」。
・ 19世紀英国のアーツ&クラフト運動と20世紀初頭の日本の民芸運動はいずれも手仕事や生活の中に美を見出した。二社とも思想的影響を受けている。
・ L&W談:「普段使われるすぐれものが私たちの好み。シンプルで機能的で長く使い込めば古い友人のように愛情がわく。そんな商品を選ぶようにしている」。
・ 松野屋さん談:「民衆的手工業という考え方」「自然食品があるなら自然商品があるべきだ。生産者の顔が見える野菜と同様、作り手の存在を感じる雑貨を好む消費者もいる。作家の作る高価な一点ものではなく名もなき職人が作る安価な日用品を提供したい」。
〜〜〜〜〜

b0132180_171234.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008 インドシナ展示より)

遊牧民の毛織物とかアジアの女性の手仕事も、「民芸品とも伝統工芸品とも異なる」「アノニマスデザイン」「デザイナーがいなくても各技術が有機的にうまく融合されているもの」「作り手の存在を感じる」というあたりでは、近いのでしょうか。
気持ち的には、また違うジャンルのような気もしていますが、表現ができません。(悲)

アノニマスタジオって行ったことないんですが、ブログを見てみると、今どきの「ナチュラル」な感じの空気ですね〜。展示に若い女性が多いというのも、うなづけます。

Jの知っているところでは、渋谷駅南口東急プラザ地下の台所用品店が、こんな感じ。ときどき見ています。たまに買います。
でも100円ショップで買物してしまう私、邪道?「プラスチック製の100円のちりとり」って長く使えて、意外と味もあると思ってしまうんです。遊牧民やアジアの人も、けっこうド派手なプラスチック用品、喜々として使ってたりします。軽くて長持ちして便利なんですね。

今回も、まとまりなし^^(定番フレーズ)。失礼しました〜。m (_ _) m

<参考>
◎ 松野屋
◎ アノニマスタジオ

b0132180_1715971.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2010 フィリピン展示より)
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-14 17:07 | 手仕事ニュース
先日の新聞、興味深い記事がありました。要旨、抜粋です。

〜〜〜〜〜
◆ 難民、おしゃれに自立

・ミャンマー難民の女性たちが、ネイルケア技術を習得し働いている。
・企業コンサルタント会社を起業した女性が、09年12月から支援団体と情報交換しながらすすめてきた。難民女性たちも「やってみたい」とのことで、彼女が講師となり1日5時間3週間ネイルケアを指導した後、仕事を開始。
・すでに店舗で活動しており、技術力と他店より低めの価格が好評。おいしいアジア料理屋さんの話などで盛り上がる。口コミで人気が広がっている。
・「きれいなものやオシャレが好きだから、この仕事ができてうれしい。今までの仕事は誰とも話さないで一日が終わったけど、ネイリストになってかたは日本人の友だちもたくさんできた」
・手仕事で、スキンシップとコミュニケーション!

* ネイルケア、この柔軟な発想がいいな。アジアの女性は手先器用な人が多いし、やさしさやホスピタリティもある。基本は技術の提供なので難しい日本語を話さなくても大丈夫。一方、ネイルケアは日本女性に相変わらず人気があり、ネイルサロンはリピート率が高いという特徴がある。この二つがクロスする。こういう方向を考え、しかもきっちり形にしていく今どきの若い女性たちに拍手!!! *

b0132180_20283052.jpg
(オスマン衣装展より)

・クルド女性はオヤ製品を販売。レース編みで交流を紡ぐ。
・埼玉県蕨市周辺にはトルコ出身のクルド人が集住している。難民申請しているが認められていない。在留資格がないため仕事もできず家にこもりがち。
・NPO法人難民支援協会がクルド人コミュニティの社会参加と自立を目指し今年から「オヤ」の商品開発の取り組みを始めた。
・6月から難民支援イベントで展示販売。携帯ストラップ、ピアス、ネックレス、コースターなどがかわいいと好評だった。
・オヤの商品化で自信がついたのか女性たちから「日本人と話せるように日本語を学びたい」という声も。伝統技術が日本社会とのコミュニケーションを生み出すきっかけになっている。

* オヤの話題、こういう形で目にするとは。こちらもうれしくなるニュースでした。支援イベントだだけでなく、一般のお店でも販売できるようになればいいですね。 *
〜〜〜〜〜

b0132180_2030582.gif
(クルドの人たちが多く居住する東トルコ、ヴァン湖のあたり)

b0132180_20311224.gif
(眼の色が左右で異なるヴァン猫が有名)

今の日本では「難民になる自分」という状況が想像できませんが、もし万が一、そうなったとき、どうやって身を立てていけばいいんでしょう。腕がある、技術がある、自国の手工芸や料理ができる等々、大事だなあと記事を読んで思いをめぐらせました。
私はサバイバルできなさそうだけど、、食堂で「まかない」?いやいや、まかないって腕が必要。あ、整理や収納はけっこう大丈夫なんで(オタク)、日本の住宅事情で鍛えた徹底収納技術で生きていけるかも☆?

皆さんは、どんな手仕事や技能でサバイバルしますか?!^^

b0132180_2032920.jpg
(クルドのキリム。ヴァンで購入)
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-10 21:04 | 手仕事ニュース
b0132180_22463489.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008 インドシナ展示/望月コレクション/三角アップリケなど技法を駆使。用だけ考えたら到底できません。ビーズ装飾までつける過剰さ、とことん感がすごい。高地の人たちは感性が冴えてますね)

もう少しだけ、現代の民芸を。
下記は、濱田琢司さん(濱田庄司の孫)のインタビューだと思うのですが、何から抜き書きしたか不明。たぶん新聞記事(前回までの朝日新聞)の流れかも?以下、自分の抜き書きノートより要旨抜粋です。

〜〜〜
< 現代の民芸> 濱田琢司さん 

・若い人たちに民芸が静かなブームだ。彼らは60年代70年代の民芸ブームを知らなかった世代。感度の高いファッション店や人が発信地になっている。
・北欧やアメリカのデザインに親しんでいて日本との接点を探る中で民芸運動に出会った。当時から続いている産地に今の自分たちの生活に取り入れられるものを見つけている。

・民芸運動が生まれたのは大正末期。急激な西洋化や都市化を背景に工芸の世界が用を離れて美術の方向に走ることに反発し柳宗悦らは民芸という造語を掲げた。
・職人の仕事の中に、こんなに素晴らしいものがあるじゃないかと、ひとつひとつ、自分たちの「眼」を基準に掘り起こしていった。
・産業振興ではなく消費の活動だった。産地にインパクトを与える一方で、外の人が好き嫌いで「守れ」と騒ぐことに、地域を見てみいないとい批判も巻き起こった。

・「用の美」という言葉があるが、使いやすいものは美しいと解釈するのは少し誤解がある。
・機能を考えたらプラスチック製品の方が優れていても、違うものを選ぶのは、持って使って喜びがあるから。じつはそんなに使いやすくないけど、使いこなす。自分が入り込む余地のあるところを楽しむのもまた、民芸なのだ。

・ろくろをひいた皿が型を抜いたものよりいいという考えに、私は必ずしも立たない。技術に誇りを持つ作り手は、むしろ民芸の産地とみられるのを嫌う。機械であってもていねいにきっちり仕上げた皿はプロの職人の仕事。
・手作業であることや産地の持つ「物語」に頼ってしまう。質は保てず、いずれ取り残される。使い手も表面的に消費するだけでは、自分の消費眼は育てられない。消化できるまでゆっくり向き合ってみることです。
〜〜〜

b0132180_22452065.jpg
(遊牧民のサドルバッグ。織物の上の装飾がかわいらしい)

浜田琢司さんの意見、私にはすんなりと納得できる内容でした。同感できる部分が多かったです。「自分が入り込む余地のあるところを楽しむ」、いいですね。民芸に限りませんが、「関与ができる」ということ、大事なのではと思います。
私、まことしやかな産地の物語とか、どれだけ手間ひまがかかっているか、に影響される面があるのですが、もっと凛として、そして素直に、モノ自体と対話ができれば、と思います。

またしても、まとまらず、、でも、このままアップ〜〜。m(_ _)m

b0132180_22473227.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008 シルクロード展示/クイーンTによる遊牧民の移動光景実物大再現。手織りのバッグに荷物を詰めて凝った模様のベルトで結ぶ。模様を見ればどこの部族かわかるといいます。大事な馬や駱駝も美しく飾ります)
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-05 23:12 | 手仕事ニュース
b0132180_19544978.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008 インドシナ展示より)

前回に続き、〈いまを生きる民芸〉です。

〜〜〜〜〜
■「用の美」デザインと共鳴(09年11月/朝日新聞記事より要旨/記事筆者の意見の部分は極力入れず、インタビューなど取材内容中心に抜粋しています)

・パリのケ・ブランリ美術館は今年初めまで、民芸を紹介する「日本の民芸精神」展を開いていた。「『ミンゲイ』の精神は、最近フランスで人気の高い『無印良品』のデザインなどにも通じる」(展覧会監修者)。

・無印を世に出した、辻井喬(堤清二)さんも「無印良品を始めるとき、近親性のあるものとして民芸も意識した」と話す。
・「無印良品は反ブランド商品と考えたし、『無銘性』という意味では、民芸とも通じる。一方で、市場経済の産物であることも事実。『無印』というブランドとして扱われる危険性もあり、民芸との重なりは4割程度でしょう」。

・「民芸こそデザインの考え」ととらえるのは、プロダクトデザイナーの深澤直人さんだ。シンプルで端正な品々で知られ、無印の商品も多く手掛けている。
・「特別で刺激的な形を生むのがデザインと見られがちだが、柳が唱えたような、普通の生活にある『用の美』ととらえるべきだ。デザイナーの名前や過剰な商品情報によって目が曇りそうなときに、要になる存在だ」。

・前近代的・近世的ともいえる無名の職人による手仕事の中に、「用の美」を見、民芸と名づけたのが柳だった。美術評論家の北澤憲昭さんは「工芸は、美術の側にも工業製品の側にも行けないあいまいさがある『用と美』だが、民芸と近代のデザインは『用の美』で重なり合う」とみる。だから「民芸は工芸というより、近世の手仕事に関するデザイン思想ではないか」という。

・濱田琢司・南山大学准教授も、シンプルで無名性の高いデザインは「民芸の本質に近い部分がある」としつつ、手にしたときの喜びといった、心にかなう「用」も民芸の重要な一面だと考えている。
・都会の知識人で目利きだった柳が、地方の品々をさほど文脈を意識せずに称揚したことに、異国趣味的だという批判も成立する。一方で「(言葉や知識より)モノを基準にしてきたことで、民芸はしがらみや時代を超えやすかったのではないか」と濱田さん。

・環境保護への意識が高まり、浪費に厳しい視線が注がれる今、無印良品の生みの親である辻井さんは「グローバリゼーションの中、地域を大切にする民芸が有効になる」と指摘する。

・深澤さんは「バブル崩壊はいわば神の啓示であり、過剰さを排した民芸的な『さりげなさ』が共感を呼んでいる」と語る。
〜〜〜〜〜

b0132180_19553041.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008 シルクロード展示より。マーシュアラブ刺繍)

堤清二さん(今となれば懐かしいと感じてしまいます。名前を知らない若い人も多いのでしょうね)、深澤直人さん(超売れっ子のデザイナー)、濱田琢司さん(浜田庄司のお孫さん)、北澤憲昭さん(美術評論)、さすが朝日は贅沢な取材ができますね。

ただ、私の理解力のせいでしょうけれど、何を言いたい記事なのか、どうもわかりません。いまに生きる民芸、ってことなでしょうけれど。
魅力的で個性的な各人が語ったはずなのに、エッセンスだから伝わらないのかな??

でも、このままアップしちゃいますね。どう感じられましたか?

民芸は用の美。う〜ん、上の中では、「無銘性」「さりげなさ」が気になった言葉。
「地域を大切にする民芸が有効になる」というのは、最近の傾向を見ていると、そう感じる部分があります。

一方、自分が惹かれる世界の手仕事とは、、どうしようもなくとことん手仕事になっていくモノ、作る時間そのものを楽しんで慈しんで作ってるなと思うモノ、精神性を感じる手仕事のモノ。それとここでいう民芸とは、ちょっと違うニュアンスなのかな。

手仕事仲間でよく話すんですが、プロジェクト仲間の多くが大好きな「遊牧民の手仕事」って、「用の美」って表現されることが多いけど、全然そうじゃない。
装飾過剰で使いにくい。模様の表現や技法に精魂傾けなくても、実用ならばもっと簡単に作れるのに。でも、飾ってしまう。とことんやってしまう。そこにこそ惹かれるのがプロジェクトの面々。
だから「用の美」という言葉を見ると、なんだか気になってしまうのでした。

やばい、まとまらない、、、でもアップしちゃおう。m(_ _)m

b0132180_19561085.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008 シルクロード展光景。150坪はやはり広かったなあ、、)
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-01 20:05 | 手仕事ニュース

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj