美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

アフリカンデザイン展、無事終了しました☆

●8月18日をもちまして、アフリカンデザイン展、無事終了いたしました。猛暑、お盆休み、オリンピック開催のなか、遠方までお出かけくださいました皆様に心よりお礼申し上げます。どうもありがとうございました。今回も、最高でした〜!☆

********

●17日はママドウさんのコンサートにお出でいただきしまて、どうもありがとうございました。

b0132180_23133465.jpg
マリの衣装で演奏するママドウさん。コラ、、なんてきれいな楽器なんでしょう。そしてその静かでやさしい音色。感動です。

b0132180_23134898.jpg
コリンさんのブルースハープとのジョイント。もう、まさにブルースです☆いいですね〜!

b0132180_23192363.jpg
アフリカの布のある空間でのライブ、雰囲気は最高!下を向いている人が多いのは盛り下がっているのではありません。思い思いに瞑想しつつ自分の心に入り込んで聴く、そういう音楽なのでした。


********************************

●8月14日記・・・好評のうちにアフリカンデザイン展も残すところあと4日となりました。今回は質・量ともにこれまでにないほどの充実感で自画自賛です。

是非ともお出かけ下さい。
b0132180_20284260.jpg


マリの誇るコラ奏者ママドゥさんのミニコンサートは17日ですが、布好きな方はそれ以外の日のほうがゆっくりと見られますよ~。

徒然に会場にある布をご紹介していきます。
b0132180_20305991.jpg


入り口付近はクバ布ではなくガーナを代表するアシャンテ族のケンテクロス。
包帯のような細巾の布を何枚も繋いである纏うための衣装です。

b0132180_2034258.jpg


ここからが本番のクバ王国のライフィア素材の民族衣装です。
クバ布についての説明はこちらをご覧ください。
向かって右側は王家にのみ許された秘伝の市松模様。王族以外は身に着けることは出来ないそうです。
左は女性でもOKのアップリケ。この自由な文様世界がクバ布の魅力です。

b0132180_218155.jpg

次はシックな色彩のこの2枚です。
→側は無数の子安貝の縫い付けられた巻スカート、長さは10メートル以上もありピカピカに磨かれたこの子安貝いったい幾つ憑いているのか?想像するだけでたいへんな手仕事です。
おそらく何度も何度も重ねて染められたであろう、深いドロ染めにの色彩は日本の宝である大島紬にも似て深い味わいです。
←側も同じドロ染めのシックな一枚ですが、かなり古いものなのでとても柔らかく肌触りが気持ち良いです。この絞り染めは文様も品があって風合いがあり、どこか沖縄の芭蕉布を思い出させてくれる布です。

b0132180_21134399.jpg

この絞りは上と違って自由で大胆、まるで現代美術のようなインパクトを秘めています。
漆黒のマットなブラックに生成りの絞りが水の波紋のように浮かび上がって見えてきます。
この絞りの技術、世界中にあるのですね~。最初は日本のものかと勘違いしていましたがこのクバ王国の絞りはまさにアフリカの生んだアートと言える面白さです。

b0132180_2123996.jpg

b0132180_21234384.jpg

でた~。これぞクバ王国が誇る王様の腰巻布です。
回り布縁や中心の市松柄が王族の象徴とされているようです。
見るからに威厳のある強くて見事な布。持って見ると解るのですが、他の布の3倍以上の重さがあります。やっぱり凄い!の一言です。
どんな王様が着ていたのか、どんな時代でどんな生活していたのか想像が膨らみます。

b0132180_21282471.jpg


今回のなかでは初めて登場のショワ族の布。これまではクバ王国の王族を含む中心に位置するブショング族のものでしたが、欧米のアートシーンで評価の高いのは周辺部族であるショワの俗称草ビロードと呼ばれる儀礼用の布です。
上のはビロードではなくすべてがステッチですが、渦巻状の文様の繰り返しがクラクラと眩暈がするような不思議な世界に誘います。現に飾りつけ最中に、ピュアな感性のJさんは、布酔いになりしばしソファに座り込ん出しまうというアクシデントがありました。
そんな現実と非現実、白と黒、意識と無意識というアンビバレントな世界を体験してみてください。

b0132180_21343863.jpg
b0132180_2135799.jpg


そしておまけはムブディ族のタパクロース、タパとはオセアニア地域の島々を語源とする不織布ですが、この俗称ピグミーと呼ばれる体の小さい人達の腰巻布はイチジク科の木の樹皮をひたすら叩いて水をかけて伸ばしていくという原始的な布ぬ原点です。よく見ると布とは思えない不思議な見た事のないような素材感です。
今回はこれをランプシェードに加工したりして遊んでいます。

残すところあと4日。この200点に及ぶアフリカンデザインを是非見に来てください。

b0132180_21394663.jpg


火曜日と今日、厳しい日差しの中このブログを見て来て頂いたかたがいらっしゃいました。
本当にありがとうございました。
[PR]
by kizashinoj | 2008-08-14 20:38 | 08年アフリカの布展

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj