美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

進行日記・アフリカの布編(1)ラフィアに目眩

「アフリカン・デザイン 〜コンゴ・クバ王国のラフィア布〜」

お待たせしました。<美しい世界の手仕事プロジェクト>第2回企画展示「アフリカン・デザイン」が、8月8日より始まりました。 

<開催概要>
●「アフリカン・デザイン 〜コンゴ・クバ王国のラフィア布を中心にした布世界〜」
●日時=8月8日(金)〜18日(月)/11時〜5時半/(水曜休館)
●会場=ハウスクエア横浜情報館・2階ギャラリー
●コンサート=8月17日(日)・午後2時より
*マリの誇る世界的ミュージシャン、ママドゥ・ドゥンビアさんによるコラやゴニのコンサート。丸い瓢箪から作られた珍しい楽器によるパワーと楽しさあふれる演奏です。


************************

第1回展示「バングラデシュの宝物」は7月29日をもって無事終了しました。多数のご来場どうもありがとうございました。第2回は、、バングラデシュからコンゴ・クバ王国に舞台を移します。

ラフィア布の詳細については、tribeさんよりご紹介があると思います。今回は進行日記として、写真を中心に準備中の日々をご紹介します☆(書いているのは「J」です。極めて私的な感想&体感で書いています。スタッフ全員の感想意見ではありませんので、そのへんご了解のほど、よろしく〜!)

*******

バングラデシュのやさしいカンタ、その世界に浸っていたい私に平衡感覚を失う事態発生、、アフリカの布、コンゴ・クバ王国のラフィア布への展示替えです。


b0132180_13461521.jpg
まずは量を見て展示プランを練ろうと、床に広げられたラフィア布。数分たたぬうちに、唾がこみ上げ、冷や汗が出て、めまいが、、、乗り物酔い、高山病の軽い症状に似ています。三半規管が直撃されたようです。青い顔でソファに、、でもその日も、翌日も、翌々日もあくまで淡々と作業は続けられました。(ガクッ)


b0132180_13581764.jpg
クバ王国のラフィア布、正直、数ヶ月前に初めて見た時から「ヤバい」と思っていました。マチスやクレー、クリムトらに影響を与えたと言われる強烈な存在感を持つ布。その個性やアート性は心から納得するのですが、脆弱な私にはとにかく強すぎるのです。


b0132180_13532762.jpg
150坪がラフィア布で埋まる、、この日が来るのを恐れていました、、でも、あくまで淡々と作業は続けられました。(ぞわ〜、、、)ラフィア布はコンクリートに映えるというので、ドカーン、バックヤードまで浸食して、ますます広い。


b0132180_1431535.jpg
天井にも!?


b0132180_146436.jpg
おやつでもないと、やってられんぞ!、、気配を察してか差し入れ、いただきました。ん?ご飯にプリン!?そうなんです。カンボジアのスイーツです。ココナッツの香りがする餅米は少し塩味がきいておいしい!卵色のプリンと合わせて食べると、あらあら不思議、、たしかにスイーツ!疲れがとれそうな癒し系の味です。&友だち手作りのおいしい赤紫蘇ジュースをヨーグルトで割ってみました。これも微妙で、かなりイケました〜!


b0132180_14114514.jpg
食べるものも食べて、3日目には乗り物酔い症状も軽減。余裕が出てきて見てみると、本当にシックでお洒落な布です。上は「草ビロード」。平織りのラフィア布にラフィアの糸で刺繍をし、あいているところに糸を通してカットしたもの。これがビロードに見えるとことから、その名がついています。大変な手間のかかった布です。


b0132180_14175615.jpg
ジャパンな感じもする藍色。三角モチーフが面白いです。


b0132180_14191597.jpg
TMさん、ノッてきました。「タパ」(樹皮布)に自由奔放な絵を描いた布(ピグミー族のものだそうです)を黒のボードに貼れば、、うわ〜!これ、かっこ良すぎ!一気にモダンアートへ!アフリカンテキスタイルの潜在的な可能性をみた瞬間でした。


b0132180_14214012.jpg
空間全体はシンプル&モダンに。直線、長方形、茶系でスキッとしています。ブティックみたい〜!どころか超えてるって〜!(別名、JJプロジェクト=自画自賛プロジェクト)。床はソフレ(西アジアの食卓布)が似合いました。やってみないとわからないものですね。


b0132180_15111793.jpg
150坪の広さを、いかにかっこ良くするか、工夫を重ねる皆さん(他人事?!)。そのうちに、、、ドカーン、降臨されました。神々しくも恐れ多くも、、横浜港北の住宅街に出現したこの不思議満載オブジェ空間、夏の思い出に!、、って冗談言ってますが、降臨の瞬間は、本物や手仕事の持つ潜在的なものすごい力を感じた一瞬でもありました。これが大量生産のプロダクツだと、こんな「神話」的な展開はなかったでしょう。そのパワーを閉じ込めたり過小に扱ってはいけないのだと思いました。


b0132180_14303494.jpg
今なら素直に言えます。「来てね〜!」。


こんなカッコいい空間、他にあるでしょうか!?アート作品と言えるような芸術的な美に満ちた個性ある布・百数十枚がそのパワーの翼をのびのびと広げた150坪。「愛知万博のアフリカ館よりすごい」、私は愛知に行ってませんが、きっとそうなんだと思います。

どちらかというと女子より男子ウケしそうな布と空間&インテリア。雑誌の『pen』とか『ブルータス』って感じだと思うんですけどね〜、、、ふふっ、お先です!


(、、って、お盆休み、猛暑、オリンピックの三重苦。世の中きびし〜!)
[PR]
by kizashinoj | 2008-08-07 14:54 | 08年アフリカの布展

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj