美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

アトラスコンテストへの応募御礼!!&授賞式の模様

「ウズベキスタンの絹織物アトラスを使った手工芸品コンテスト!☆」を書いたのが、1月24日でした。ひゃ〜、もう2か月近く経ってるじゃないですか、、。
(コンテストのオフィシャルサイトはこちら=ウズベキスタン・アトラス ハンディクラフト コンテスト」

その後、「アトラス・ハンディクラフト・コンテスト、順調に進行中」(1月31日)、アトラスコンテスト関連トピック〜雲の織物アブルバンディ」(2月7日)のあと、時間がたっていました。

この間、説明会などで光沢のあるカラフルなアトラスを入手した手仕事好きの皆様、経験とセンスと工夫で、素晴しい作品づくりにトライしていらっしゃいました!

2月末に応募締切。日本では知られていないアトラスやウズベキスタン、告知から締切までの応募期間の短さ、説明会に出向いて布を購入する手間ひま、初めての取り組みであること、賞金や賞品による引力は少ない、著作権の放棄要請などを考えると、応募数も限られるのでは、とも思われました。

ところが、なんと応募頂いた作品数は、、、295!!
素晴しいです。私がお礼を言うのもおかしいのかもしれませんが、かの地の装飾文化を愛する一人として、応募頂いた皆様にお礼申しあげたい気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

しかも、その作品が、どの一点として手抜きというもののない、素晴しい作品、魅力的な小物やファッションの品、工夫とセンスがあふれる力作、細かい手仕事の美しい作品の数々だったのです。色鮮やかな作品が揃った光景は壮観でした!

b0132180_2058355.jpg
(ごらんください!多彩な295作品。本当に素敵です!!!)

嬉しさと同時に、日本って素晴しいんだ、と思いました。最近、そう思うことが多いのです。

仕事がていねい。使い勝手や最適なサイズなど細かいところまで考えられている。ボタンなどの装飾品やちょっとしたアクセントがかわいい。「成熟消費社会」などと言いますが、いいものをたくさん見て来た方々ならでは、だと思います。

独立後20年経つ中央アジアですが、製造業やものづくりは進行形。暮らしのなかの「モノ」も限られています。日本の手仕事好きの皆様の感性や工夫が、今後大きなヒントになっていくのでは、と感じました。

たくさんのヒントをくださった手仕事好きの応募者の皆様、ありがとうございました。

そして、もうひとつ、感謝したいことがあります。「石巻復興支援ネットワーク」の皆様のご尽力で、石巻の女性たちから19作品の応募をいただきました。仮設住宅にお住まいの方もあります。
表現がうまくできないのですが、石巻からの作品は、作風が無垢というか、明るく、のびのびしている点に特徴があると感じました。そのうちの1点(草履)が「つくば市長賞」、もう1点(巾着)が「輝け石巻賞」でした!!おめでとうございます。

3月18日には、つくば市内で「表彰式」が開催されました。最優秀賞、ウズベキスタン大使賞、茨城県知事賞等々、賞状と副賞が送られました。

b0132180_2059252.jpg
(アトラクションの様子。ウズベキスタン出身のシンガー、アノーラさんと、ウズベクダンスのyulduzさん。いつもホントにきれいですね〜^^)

b0132180_20591466.jpg
(アトラクションと全体の様子)

b0132180_20593446.jpg
(最優秀賞(作品=伝統袋物)受賞の方、当日の帯もアトラス!シックな色と模様、でも大胆な魅力があります。和とも相性がいいですね〜。すてき♥)

私もアトラスの魅力をあらためて感じたコンテストでした。皆様ありがとうございました。
[PR]
by kizashinoj | 2012-03-19 21:09 | 手仕事ニュース

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj