美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

東北手仕事ご来場の皆様、関係者の皆様、お志に感謝致します

「東北の手仕事」は、6月10〜12日の会期を終え、無事終了致しました。

ご来場の皆様、天候がすぐれないなか、港北中川までお出かけくださいまして、誠にありがとうございました。震災後3か月、集まりや催事が微妙な時期が続いており、どのくらいの方にご来場いただけるかまったくわかりませんでした。多数のご来場に、一同大変励まされました。感謝申し上げます。

ハウスクエア横浜((株)日本住情報交流センター)様、今回もまた広々とした会場を使用させて頂き、様々なご配慮を頂きましたこと、心より御礼申し上げます。

そして、貴重なコレクションを貸し出してくださいました皆様の心意気、温かさに、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。(コレクターの皆様、出演者のご紹介は次回にさせて頂きます。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回は、皆様からの義援金につきましてご報告させて頂きます。

プロジェクトでは、会期中「鯰猫神社」を設営。お札もたっぷり入る大きなお賽銭箱を置かせていただきました。
鯰を踏み災いを避け福を呼ぶ仙台の猫様の手に誘われるように、また踏まれても良い笑顔の鯰氏の愛想良さもあったのか、皆様に多額のお賽銭をいただきました。
誠にありがとうにゃんございました。皆様の応援のお気持ちは総額59,951円となりました。

b0132180_16254729.jpg


b0132180_16273626.gif


またフェスタ出展者のオークションにより、チャリティ部分の利益が63,000円となりました。
オークションは破格のスタート値で始まり、そこから上がチャリティとなりました。世界の手仕事を志を持って出品してくださいました手仕事フェスタ4出展者の皆様に感謝申し上げます。
b0132180_16251445.jpg

b0132180_1625137.jpg


御浄財59,951円(60,000円)+63,000円、合計123,000円を次の2団体様に、6月20日、61,500円ずつの形で、お送り致しましたことをご報告致します。

1:天旗を子どもたちに伝える活動 様
2:気仙沼漁業協同組合 様

b0132180_1629417.jpg
(販売用天旗売上げを加えた額14万円をお送り致しました)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<追記:「エクレール お菓子放浪記」試写会 チャリティ支援金 御礼>

6月12日開催の「エクレール お菓子放浪記」試写会後のチャリティ募金、御礼申し上げます。
約28000円の義援金を、その場で制作委員会の横山さんにお渡し致しました。
義援金は、「エクレール基金」として、次の目的に使われるそうです。

1:映画のロケ地となり震災で失われた光景を蘇らせる活動(北上川ヨシ原再生など)
2:石巻岡田劇場支援
3:映画にエキストラで出演され、震災で亡くなられた方のご遺族の支援

具体的に何に使われるかがわかると、気持ちも張り合いがあるように思います。
バレエ教室のかわいらしい皆様もお小遣いからチャリティに参加してくださいました。皆様、どうもありがとうございました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
再生大漁旗のこと、コレクターの方、個性的な出演者の方々、書きたいことは多々ありますが、まずは義援金のご報告をと思いつつ、1週間たってしまいました。ようやく郵便局に行けて、ホッとしています。
これから、会期中のことなど、いろいろご紹介していきますね。
また遊びにいらしてください!
[PR]
by kizashinoj | 2011-06-20 17:05 | 東北の手仕事2011

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj