美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

引き裂かれた気仙沼の大漁旗を蘇らせよう@東北の手仕事

引き裂かれた気仙沼の大漁旗を蘇らせよう 

開幕を明日に控えた「東北の手仕事」に小包が届きました。差出人は、気仙沼グラウンドゼロプロジェクト風の分校の伊藤雄一郎さんです。

b0132180_7231412.jpg


「この旗は、津波で流され、引き裂かれた物です。
多くの大切なものが流され、無惨な姿になりました・・・
この、大漁旗は、破れて使えませんが、まだ綺麗な状態でみつかりました。
よろしければ、この生地を皆さんで作る大漁旗の一部に使ってください。
もう一度、風を受ける旗の一部として蘇らせて頂ければ幸いです。」

b0132180_724456.jpg
(よし、みんなでカッコいい大漁旗に蘇らせるぞ〜!)

そして、
来週18日は、100ケ日法要になるので、気仙沼での企画で使用したい。
その後、必要と思われる所に届けたい。
気仙沼以外の被災地もリレーさせてもよい、とも。

b0132180_21495782.jpg


b0132180_21501021.jpg


b0132180_21502164.jpg


その場に居合わせた手仕事大好き人たち、針に糸を通し、引き裂かれた大漁旗を繕い始めました。
さらには勝栄丸などの文字を浮かび上がらせるなどの、さまざまな工夫も。

b0132180_21504934.jpg


b0132180_2152271.jpg
(気がつくと、人数が増え、きれいに修復が進んでいます、、すごい!)

あの、、明日からなんですけど、、
と思いつつ、皆様の熱さ、思いが本当に有り難く、12日にどのような大漁旗になるのか、ドキドキしながら見つめていきたいと思います。

手仕事人たち、燃えています。
明日からが本格スタート。
場所も今日(9日)は仮位置。明日(10日)はもう少し広いステージを作ります。
大漁旗に魚やホタテをつける作業もおこなう予定です。

b0132180_21521569.jpg


気仙沼の風に手仕事大漁旗がおおらかにはためく日を!
伊藤さん、18日に間に合うようにお届けしたいと思います。よろしくお願いいたします。
手仕事好きの皆様、ご参加をお待ちしています。

* 針、糸はありますが、手慣れた裁縫道具を持参された方が作業しやすいかと思います。
* フェルト、はぎれのカンパ募集中です!よろしくお願いいたします。

b0132180_21522986.jpg
(鯰猫神社、参詣盛んに。お供えものも)
[PR]
by kizashinoj | 2011-06-09 22:00 | 東北の手仕事2011

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj