美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

羊毛文化を学びながら糸紡ぎ体験

1月29日からオープンしている手仕事展示&イベント「遊牧民からまなぶ羊毛文化」、2月5日より、いよいよ羊毛文化を具体的に学ぶプログラムがスタートしました。その模様をレポートします。

b0132180_2111360.jpg
(羊毛をカーディングする駒木根智紘さん)

羊毛文化の成り立ちと風土
午前の部は、トライブ榊氏によるトーク「羊毛文化の成り立ちと風土」。スライドでイラン、イラク、トルコなど中央ユーラシアの風土をみながら、遊牧民の暮らしのなかで、どのようにして羊毛文化が成立していったかについてのお話がありました。

羊を食べてしまってはそれで終わり。ではなく、羊を原資として、羊毛から絨緞を織り、乳から乳製品を作る。それがいわゆる利子となり、原資を減らすことなく生活が成り立っていく、という暮らし方が紹介されました。

最後に、イランのバクティアリー族の移動を描いたドキュメンタリー映像「グラス(後編)」を少し紹介。何度見てもワクワクする素晴らしい映像です。ホントに最高。

羊毛文化を学びながら糸紡ぎ体験
午後は、実演と体験「羊毛文化を学びながら糸紡ぎ体験」。講師は羊大好き、羊毛文化研究家の駒木根智紘さん(ひつじ日和主宰)です。

写真とともに会場光景をご紹介します。

まずはスライドにて、世界と日本の様々な羊の種類について説明していただきました。
たくさんの羊がいるんだなあ。「かわいい〜〜」の声があがり、会場はじょじょに熱〜い羊モードに。皆さんの羊好き度は相当高いようです。

さて、羊毛を作る第一歩は毛刈りです。

b0132180_20524622.gif
(羊の毛刈り。これはJが八王子にて体験したときの写真です)

羊さんってホントは小柄だったのね、と思うと、横にはこのようなもの(↓)があるはずですよ〜。フリースです。

b0132180_20554776.jpg
(駒木根さん持参のフリース〜羊一頭から刈り取られたひとつながりの羊毛〜。駒木根さんはいろんな種類の羊のオーナーでもあります)

b0132180_2058419.jpg
(ではクイズです。羊の頭はどちらの方?この写真でいうと、上の方?下の方?=正解は文の最後に!)

b0132180_20591689.jpg
(羊毛は水洗いした後「カーディング」=繊維方向が整った綿状の塊にする)

b0132180_210784.jpg
(このような道具もあります。いろんな道具があるんですね〜。たしかに早いけれど掃除が大変そう)

b0132180_2125663.jpg
(糸車で羊毛を紡ぎます)

b0132180_214562.jpg
(糸になっていく様子を見守ります)

b0132180_2141830.jpg
(3本取り)

b0132180_2163290.jpg
(スピンドル。くるくると回しながら魔法のように糸ができていきます。楽しそう。「微妙な調整がちょっと難しいけれどコツをつかめば誰でもできます」と駒木根さん)

b0132180_21512353.jpg
(羊の種類による羊毛の違いを触ってみることができる画期的な紹介。駒木根さん、こんなに準備をして頂いてありがとうございます!)

ワン毛紡ぎ
そこに、ビニール袋から白い毛を出してみせる女性が。「うちの犬の毛なんですけど、糸になりますか?」。

b0132180_21373230.jpg
(ハスキーミックスの白い毛が登場)

ハスキーミックスちゃんの毛は真白で水をはじきそうなツヤ感が。でも長さは短めです。

b0132180_21375681.jpg
(この子だそうです。真白な毛、、ソフトバンクのお父さんを思い出しました)

駒木根さん、「羊毛を混ぜれば大丈夫でしょう」。どんな糸になるでしょうね。そしてその糸で何ができるんでしょう。ぜひいつか見せてくださいね!

b0132180_2139198.jpg
(ふわふわの毛)

そこに、今度はふわふわの毛を持参した女性が。オールドイングリッシュシープドッグちゃんのふさふさの毛でした。

b0132180_21393558.jpg
(この子の毛。見るからにふさふさですね〜)

b0132180_2140176.jpg
(さっそく紡いでみる駒木根さん。「うん!この毛、いいですよ!」とのこと)

b0132180_21423457.jpg
(糸車にかけてみます。「いいですね〜!」。オールドイングリッシュシープドッグという名前からみても紡ぎに良さそうなイメージが)

b0132180_21412582.jpg
(女性が持参した毛から見事な”犬毛”ができあがりました。駒木根さん、すご〜い!)

駒木根さんのお話は、専門的で中身が深く、でも明瞭で素人にもわかりやすく、何よりも羊への大きな愛を感じました。駒木根さん、どうもありがとうございました!!

 クイズの答え:写真上方が頭部、写真下が腰部。頭部はセーターなどに腰部は敷物などに適しているそうです。

羊毛文化展示&イベントは2月20日まで(開場は木金土日祝)
●2月12日(土)11~12時 トーク「遊牧民に欠かせない毛織物」
◆2月12日(土)13~15時30分 ワークショップ「部族の毛織物(キリムなど)の技法体験」
●2月13日(日)11~12時 トーク「遊牧民の分類と特徴」
◆2月13日(日)13~15時30分 ワークショップ「羊毛文化の原点 フェルト作り体験」/講師 プレバドルジ・アーリュンダリ(モンゴル人羊毛研究家/京都工芸繊維大学大学院生)
●2月19日(土)11~12時 トーク「羊毛文化の結晶=絨毯」
◆2月19日(土)13~15時30分 ワークショップ「パイル構造を学ぶミニ絨毯作り体験」/講師 橘 真美(絨毯研究家)=定員に達したため受付終了しました

羊毛文化好きが集まる濃い会場、こんな空間、なかなかないですよ〜。ご興味あるかたはハウスクエア横浜(横浜市営地下鉄中川駅2分)へゴー!


*****「遊牧民からまなぶ羊毛文化」がWEBニュースで紹介されています。会場写真もあります。「港北経済新聞」をクリック!関連画像「糸紡ぎ機」写真もお見逃しなく!&「YAHOOニュース」からもどうぞ!^^ *****

 糸紡ぎ参加者の方のブログにて、体験の様子をご紹介頂きました。「オアシスへの旅」。ご参加並びにレポート、どうもありがとうございました。(*^_^*)
[PR]
by kizashinoj | 2011-02-05 22:00 | ミュージアム・展示会

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj