美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

カジュアル化作戦の「トーハク」

b0132180_21323882.jpg
(干支の兎さん関連/東博にて撮影/三彩兎文皿 磁州窯/金〜元時代、13世紀/文様を線彫りで手早くあらわし、緑、黄、白の釉薬を塗り分けて彩っている。13世紀後半の三彩の稀少な基準作となっている)

「きょう、ブンカした。」「トーハク?」

イタタタ、かなりイタい。が、このくらいしないと変わりましたよ〜という宣伝効果が出ないのかも。大御所だもん。
リニューアルをイタいくらいにアピールしているのは、東京国立博物館。常設展の展示がリニューアルされたそうです。

じつは私、東博ファン。とくに常設大好き。人のいない頃を見計らって出かけ、じっくり見ては写真を撮らせてもらってます。そう、東博は所蔵品の写真撮影ができるんですよ!(一部を除く)。常設は人が少ないのがありがたい!

でも博物館としては、それ(人がいない)では困るわけで、今回のリニューアルに力が入ってるようです。

b0132180_21592070.jpg
(平常展の中の特集展示が好き。このときは「更紗」でした/敷物 花卉模様/インド更紗、手描き/インド北部/ムガル17世紀/3mを超える大型の敷物。大輪を咲かせた芥子のような花を整然と配した清楚な模様。花は中央が正面向き、左右が側面から見た姿であらわされており、同様な花はムガル王朝の立木手と呼ばれる花模様に類しており、同じ製作地を示唆するものであろう/ I LOVE MUGHAL!!サンガネールの木版捺染ですね。この赤い芥子の模様が好きです〜☆ ちなみにネームカードの赤い花はサンガネールの現代の模様で作者は83歳〜購入当時〜の女性)

「所蔵品展、魅力アップ作戦」として新聞にも紹介されてます(朝日夕刊)。要旨は次のようなもの。

*新年から所蔵品の展示をリニューアル、大々的なアピールを開始。若い来館者を逃さずリピーターを増やす作戦
*所蔵感を展示する「平常展」の名称を「総合文化展」に改めた
*11万点もの中から国宝や重要文化財が入れ替わり立ち代わり並ぶのに平常展ではいつも同じイメージで損との考え
*展示室の照明を変更。細工がよく見え、洗練された雰囲気に
*リニューアルの背景には「特別展頼み」「若者が少ない」という課題がある
*若い層の取り込みは今がチャンス。仏像ブームで「阿修羅展」あたりから来館者数は40代以下が6割と50代以上を逆転した。初来館の若者をつなぎとめるのが目標
*阿修羅展は95万人来館で09年の年間入場者数224万人に貢献。しかし特別展次第で差が大きくなるのが問題

「阿修羅展」って、そんなにすごかったんですか。行ってないんですよねえ。奈良で見た方がいいかなあと思う。
でも先日の「東大寺展」は展示が見やすく、映像での紹介も多くて、親しみが持てました。わかりやすく印象的な展示や説明は大事と、あらためて思いました。最近は、どの博物館もかなり工夫してますよね。好印象です。

b0132180_2204485.jpg
(本館つなぎ廊下的部分。壁面モザイクが素晴らしい。庭の四季折々の景色も楽しめる)

東博は建築や館内の装飾も重厚でナイス。見応えあります。本物、時を経たものの魅力を味わえます。

新春企画もいろいろ。いくつかご紹介しますね。
■新春特別展示「博物館に初もうで—美術のなかのうさぎと国々のお祝い切手—」
・〜1/30(日)/本館特別2室/重美 月下木賊に兎 歌川広重筆 江戸時代・19c、兎桔梗図 俵屋宗達筆 江戸時代・17c 川合玉堂氏寄贈 など

■月例講演会「美術のなかの兎」
毎年恒例となった年始の干支展示に関連して中国、日本の美術品に登場する兎についてのお話
・1/22(土) 13:30〜15:00(開場13:00)

■本館リニューアル記念 特別公開 〜1/16(日) 本館
国宝 秋冬山水図 雪舟等楊筆 室町時代・15c末〜16c初※2/6(日)まで展示
国宝 古今和歌集(元永本) 平安時代・12c
重文 熊野懐紙 飛鳥井雅経筆 平安時代・正治2年(1200)※1/23(日)まで展示
国宝 檜図屏風 狩野永徳筆 安土桃山時代・16c
重文 風神雷神図屏風 尾形光琳筆 江戸時代・18c
冨嶽三十六景 葛飾北斎筆 江戸時代・19c など

1/18(火)からは、特別展「仏教伝来の道 平山郁夫と文化財保護」です。これは行きます。
薬師寺玄奘三蔵殿の大唐西域壁画は現地で見ました。西域大好きな私、感動しました。あの空の演出などが、博物館ではどういうふうになるのかな。期待したいです。

さて、今回もまた「世界の手仕事ウエブ」の方も、同内容で投稿予定です。
[PR]
by kizashinoj | 2011-01-13 22:03 | ミュージアム・展示会

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj