美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

日本の染織(型染)、細密優美のパワー

あたふた気分をしずめたく、季節の句などを少々。

  初冬の徐々と来木々に人に町に(星野立子)
 
  水霜のかげろふとなる今日の菊(宮沢賢治)

  秋風や甲羅をあます膳の蟹(芥川龍之介)

星野立子さんの俳句が好きです。普通の光景をしなやかに切り取る句には、銀塩写真の味わいがあります。デジタルじゃないんです。今では、「古き良き」となってしまったのかもしれない。変化の速度に戸惑うくらいの日々、星野さんの句にいっときのゆっくりした空気を愉しみます。

宮沢賢治、芥川龍之介、夏目漱石、寺山修司など、作家の方々も俳句を作りました。言葉の表現方法、多彩ですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
b0132180_23183218.jpg
(「日本の方染」/文化学園服飾博物館)

さて本題です。型染の展覧会(文化学園服飾博物館)、見ました。デザインの優美さ、大胆さ、可憐さ、多彩さ、、見応えありました。

「型染は、紙や木などの型を用いて文様を表現する染色技法の一つです。日本では古くから行われ、着物をはじめ、公家服飾、武家服飾、芸能衣裳など多くの服飾に型染が見られます。日本の型染は、主として文様を彫り透かした型紙を用い、種々の染色技法が施されています。型染の種類は実に多様であり、日本の豊かな染織文化の一端が示されています」(展覧会解説より)

b0132180_23205558.jpg
(展覧会チラシより)

「元来、型染は型を用いることによって同じ文様の染色品を量産する技法です。このため、型染には手描きによる自由な文様とは異なり、省略やデフォルメされた文様とパターンの繰り返しなどが見られます。型の使用という制約こそが型染の特徴であり、そこには整然とした文様や反復の諧調など、型染特有の美を見出すことができます。本展では 小 紋・ 中 形・ 型 友 禅・ 摺 染・ 摺 箔・ 板 締・ 燻 革などさまざまな型染の服飾を出品し、日本における型染の多様性と、型染ならではの美しさを紹介いたします」(同)

b0132180_23212822.jpg
(展覧会チラシより)

たとえば、 地色にしか見えないほどの細密な小紋はやさしい色合い。けれども生地から伝わる圧倒的な手間ひま、かけられた時間、そのことに気圧されるようです。美を持って制すということでしょうか。戦のなかった江戸時代ですが、武士の衣装などは、見ただけで負けた、と思わせるようなものもありました。

また、 型の緻密さと、型を作るための道具を作る技術、型を押す技術にも圧倒されました。日本の染織は素晴らしいですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
b0132180_23282348.jpg
(「縞と格子 ー織りから生まれた直線のデザインー」/岩立フォークテキスタイルミュージアム/チラシ写真の衣装は「男性用長衣装/インド」>

こちら「縞と格子 ー織りから生まれた直線のデザインー」はまだ見ていないのですが、ぜひ行かねば。

南インドの格子サリー、両端の縞の美しいパトラサリー、縞の長衣やマシュルーのスカート、山の民が巻き付けたパトゥ、トルクメンのショール、アフリカのケンテクロス、プレインカの縞のコカ袋などが展示されているそうです。岩立フォークテキスタイルミュージアムにて。2011年2月19日まで(期間中/木・金・土曜日開館)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
b0132180_23393773.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2010海洋アジア展示より)

エスニカさん大健闘により「世界の手仕事」WEBも、少しづつリニューアルオープンの装い。またご案内しますね。
[PR]
by kizashinoj | 2010-11-29 23:52 | ミュージアム・展示会

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj