美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

手仕事とシアワセ

年収とシアワセについてのアメリカでの調査に関する記事がありました。(08年から09年、45万人に電話調査/米プリンストン大学ダニエル・カールマン教授(行動経済学)らによる。楽しい気分、幸福感、悲しみ、ストレスなどのそれぞれを電話前日に体験したかを尋ね感情的な幸福度を調べた)

b0132180_23393378.jpg
(アンデスの手仕事/山本コレクションより)

結果。
「日々の幸せを感じる度合いは世帯年収が上がるにつれて高くなる傾向があるが、7万5千ドルを超えると、ほぼ頭打ちになった」

「世帯年収が高い人ほど、良い感情を体験した人の割合が高く悪い感情は少ない傾向があった。だが7万5千ドル程度以上ではこうした傾向がなかった」

これって、肌感覚としてわかる気がします。
人間、たとえば食でいえば2000キロカロリーくらいが適当といいますよね。あまりに少ないと生命や生活に支障をきたす場合もありますが、過剰になってしまうとこれもよくありません。胃袋の大きさは決まっているのだから、そんなに食べられない。

お金も同じことじゃないのかな、と思っていました。
暮らしていくのにお金は必要で重要。ゆとりの部分も欲しい。でも、多ければ多いほどいいというものではないかも。

以前アメリカの富裕層についての本を読んだ時、そうだろうなと思ったことがありました。リーマンショック前、アメリカ全体がバブルで住宅を担保にお金を借りまくって過剰に消費をしていた頃、起業や投資等々で成金というかニューリッチな人たちもたくさん登場。いきなり豪邸に住み、お手伝いさんを雇い、、でも、その人たちは、いつかこの暮らしを失うのではという不安感が常にあり、セキュリティに神経をすり減らし、住み慣れない豪邸にとまどい、新たな交際や雇った人たちとの関係に疲れていました。

富豪になる、のではなく、富豪として生きる、には体力と精神力がいると思う。ビル・ゲイツやボノは、知性があるから社会貢献してバランスを保っている。これだと思う事業には投資するけれどプライベートはふつうという若い経営者も多そう。新世代の感覚で、世界にお金を循環して欲しいものだ。

b0132180_23402072.jpg
(アンデスの”つなぎ”)

さて、調査結果続きです。
「一方、考えうる最高の人生と最悪の人生があるとしたらあなたの人生はどの位置か、という人生の満足度11段階評価では、年収高いほど自己評価高まる傾向が続き頭打ちにならなかった」
「教授らは、高い年収で満足は買えるが幸せは買えない、と結論づけ、高い年収の人は小さな喜びを十分に味わえないのではと示唆している」
「大学卒は自己評価高いが幸福とは限らない」
「高齢者はストレスが少なく、信仰心のあついひとは幸福だった」
「不健康、頭痛持ち、孤独、喫煙者は幸福度も自己評価も低い」

b0132180_2345518.jpg
(美しい世界の手仕事プロジェクト2008シルクロードより)

むりやり手仕事に結びつける気はないのですが、、幸せ度や満足感と手仕事って関係あると思います。
手仕事している人は幸せそう。楽しそう。満足そう。

Jはできないけれど、見ていてそう思う。うらやましいです。
でも、見ているだけでもプチ幸せです。素敵な手仕事と出逢ったら、とても幸せです。
どんどん素敵な手仕事、見せてくださいね!☆
[PR]
by kizashinoj | 2010-10-31 23:46 | 日々

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj