美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

これって、何マニア?!

「美しい世界の手仕事プロジェクト」進行の様子や会期中のお知らせを目的につくったこのブログ、プロジェクト以外の内容に、迷い多き日々であります。

ひとつには、このブログを、どのような方が、どのような関心で、見ていただいているかが、ほとんどわからないことがあります。

プロジェクト開催時以外はお休みしようか、それともやめようか、とも考えますが、どうもふっきれず、、焦点が絞れないまま時がたってます。「手仕事ニュース」みたいにしようかな〜と思っているこのごろですが、、。

そんなわけで(唐突)、今回はこれ。

イタリアのインテリア。さすが絨緞の使い方、色合いがうまいですね。茶色のフローリングの床に青と白を基調とする絨緞。赤や緑の椅子。(おっと、私もイタリアについて書くこともあるんですよ^^)

b0132180_18332662.jpg


こちらはワインショップでしょうか。大きな絨緞ですね〜。シックですてき。

b0132180_18334137.jpg


トライバルラグです。シャーセバン。モダンなテイストと合わせる、こういう使い方、うまいなあ。

b0132180_18433534.jpg


って、よ〜〜〜〜〜〜く、ごらんください。
絨緞って厚みがあるはずなのに、フローリングと高さが同じでは?
え〜、床にペイントしてあるの?
それにしては立体的。

b0132180_18335478.jpg
(写真上から3点はこのカタログを撮影して引用したもの。表参道のショップに実物はありません)

THE MOSAIC RUG って、、なんですって〜、これモザイクなの?ガラスや陶や大理石の集合したものですか?

b0132180_1841499.jpg


そうなんです。表参道にこの夏オープンした「SICIS」、店内も驚きのゴージャスさなんですけど、カタログ見て、さらにびっくり。
何も絨緞をモザイクしなくても、、、
いやいや、そこがモザイクの本場!
新しいことへの挑戦を続けてこそ老舗!

トリッキーな絨緞モザイク、トライバルラグまであるとは、驚きを超えて、笑えてきました。
そして思いました。これって絨緞が暮らしに根づいているからこそ、生まれる発想。
日本では、ここまでやる意味、通じませんよね。
絨緞マニアとモザイクマニアが掛け合わされて、、
とにかく、やってくれますね〜。こういうの、好きですよ。

とはいうものの、ブログどうしよう、揺れるココロはモザイクのよう。
迷い多き人生に乾杯★
[PR]
by kizashinoj | 2010-09-22 19:05 | 日々

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj