美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

トルコのオヤ刺繍again★

野蛮で楽しい「サッジー会」から、今回は優雅に変身!?トルコのオヤ刺繍の写真を少々アップします。

マイナーな当ブログですが、ワード検索でアクセスしてくださる方もあります。最近なぜか多いのが「オヤ」関連。何かあったんでしょうか?
以前、オヤのワークショップ開催のお手伝いをしたことがあり、その告知やワークショップの様子について書いていますのでヒットするようです。

(「トルコの伝統的刺繍”オヤ”・ワークショップのご案内」記事はこちら。)

ワークショップの写真は、デジカメの操作ミスで暗くなってしまい、わかりにくくてすいません。&オヤ刺繍そのものについての説明もなく、訪問された方々には物足りないと思います。

といっても、今回も写真だけなんですが、、。「オスマン衣装展」より、オヤを中心としたトルコの優雅な手仕事を。


b0132180_11546.jpg



b0132180_131213.jpg


b0132180_1164957.jpg



b0132180_132724.jpg



b0132180_133867.jpg



b0132180_135271.jpg



b0132180_143685.jpg


******

優美な超絶手仕事をご紹介したあとで書くのはツライものがあるのですが、、手仕事とはほど遠いJ、いきなりシュシュ作りに熱中。手縫いで一気。腱鞘炎になりそう。

シュシュって、いろんなお店に山のように売っているのですが、「こんなにあるのに、どうして好きなものがないんだろう」と、長く不満でした。どれも妙にデコラティブ。素材がテカテカしているのもイヤ。しかも、そこそこの値段がします。
もっとカジュアルなもの、布の魅力があるものがいいなあ、と思っていて、ふとyoutubeを見ると、簡単な作り方が紹介されていて。

b0132180_1133883.jpg


こうなった次第です。
適した布やサイズもわかってきたし、飽きるには早そう。何個までいくでしょう!?

(*シュシュは増えそうですが、ブログ更新頻度は減りそうですm(_ _)m。ご了解くださいませ☆//)
[PR]
by kizashinoj | 2010-07-25 01:23 | 展示品解説、関連情報

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj