美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

食の手仕事。なべしき、とちぼた、いもぼた。

な、な、なんだ、これ!?
最初見た時、頭に浮かんだのは「和同開珎」。(想像力&ボキャブラリーが、、)
青銅器かと思いました。

b0132180_22201886.jpg
(うわさの「なべしき」。ここは蕎麦屋ですが、長く一般家庭で作っていたそうです)

正解は、、食べ物。餅なんです。その名も「なべしき」。見たまんま。
よもぎ入り。よもぎ色。とことん、よもぎ色。
いろりの上に吊るして保存すると、殺虫効果で長持ちするんだそうです。

水に浸して戻してから焼いて食べるそうです。
私は揚げたものを食べさせてもらいました。よもぎの香りがツーンとして、きな粉と良く合い、とっても美味しかったです。

ここはどこ?福井県池田町です。
有機農業が盛ん。ファームハウス経営や「農村力デザイン大学」「いなかもん学校」などユニークな取り組みが目白押しの、元気な山間地の農村です。

ときどき仕事で(と称して?)訪れているんですが、今回は地区の女性たちの一年分の味噌の仕込みの日程とたまたま合い、見学させてもらいました〜☆ 皆さん、テキパキと行動が早い。チームワークもすばらしい。マニュアルなんてなくても、さくさくと進みます。

b0132180_2221214.jpg
(麹、大豆、塩)

麹と圧力鍋で茹でた大豆、塩、さらに大豆の茹で汁(種水。この量が大事のようです。手で様子を見て決定)を混ぜ合わせ、機械で(手で押し込んでいきますが)ミンチ状にしていきます。

b0132180_22214994.jpg
(つぶしてこねる過程)

それをだんご状に丸め、容器にピシャっと投げていきます。空気を抜くんだとか。
私も投げさせてもらいましたが、ほわ、と、力ない音がしました。おばあちゃんたちはピシッ、ピシッとストライクの山!さすがですわ〜!

b0132180_22224198.jpg
(塩を少し敷いた上にだんご状の種を投げ入れる)

昔はもちろん機械もないので、すりつぶしていたそうです。量を考えると大変だ〜。機械は便利。

b0132180_22231947.jpg
(空気を抜きながらならしていきます)

池田の味噌は私も買って使っていますが、おいしいです。マイルド。豆だけ食べてもおいしいですからね〜。

次の日は、山菜や里芋のお惣菜作り&噂の「ぼたもち」作りを見学。
山菜って保存や戻すなどの準備が大変。ほんとに皆さん、働きもの。

b0132180_22203948.jpg
(山菜やタケノコ。ここまでが大変ですよね!)

ぜんまいは炒め煮にしますが、大鍋いっぱいのぜんまいの重量はハンパじゃない。
「ジムでけっこう鍛えてるし、最近体力ついてきて」とほざいている私J、なんと一混ぜもできませんでした。ショック、、

b0132180_22285533.jpg
(ゼンマイ、重い!)

残念ながら山菜総菜で役に立てない私、餅のコーナーに向かいます。
栃(とち)餅作りです。栃はものすごく手間がかかるそうです。だから今やとてもとても貴重。
そんな栃を惜しげもなく使います。独特の匂い。なんというか、、濃い木の匂い。

b0132180_22242341.jpg
(栃餅作り)

つきたてのアツアツの餅に、これまたアツアツの小豆あんをからめてぼたもちにします。これならJもできます。指についたあんは、あったかくてやさしい甘さ(*^_^*)。
栃餅のぼたもち、「とちぼた」と呼ばれます。

そして次は「いもぼた」作り。いもぼた?
餅米に蒸した里芋(超クリーミー、もうこれは別物!)を加え、すりこぎでつぶします。これに小豆あんをたっぷりからめます。あちあち〜!!小豆もアツアツなので、手が鍛えられます!
里芋が入ることで食感も軽くなり、食べた後ももたれない。ヘルシーなところが今風かな。
もともとは、昔、米が足りないのを芋で補ったのだとか。

つまみ喰いの合間に、Jもシール貼りのお手伝い。たくさんではありませんが、地元のお店にも置いているんですよ。賞味期限やバーコードやロゴや原材料や、、シールの種類が多いところが今ですね。作成含めてかなりの時間がかかります。
今どきの人、とくに若い人は賞味期限に敏感らしいですね。ちょっとくらい過ぎていても食べられるんですけどねえ。即捨ててしまうのも、どうなんでしょうねえ。情報主導、なのかな。

b0132180_2224419.jpg
(「いもぼた」。シールを貼っていく。ロゴやイラストは農業研修中の若い女性が描きました)

そんなことを考えながら材料を記入していると、「ハイ、ご飯にしよう!」とリーダーの力強い声。「まかない」です。みんなでランチ!
作り立てのお惣菜や持ち寄った各家のおかず、外出時に買ってきためずらしいもの、そして炊きたてご飯。とくに濃厚な大豆のスープが、絶品でした。

バスの時間が来ました。
たくさんのお惣菜や「いもぼた」「とちぼた」までいただいて、とてもうれしかった。
皆さん、どうもありがとう!
山菜の頃に、また行きたいな。

今回は、食の手仕事のお話でした。

b0132180_2226793.jpg
(池田滞在中は、こんな食事。これは昨年秋の滞在時の朝ご飯。だからリフレッシュするのかな。食は大事だ〜☆)
[PR]
by kizashinoj | 2010-01-30 22:36 | 日々

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj