美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

ドンジャのこと、カッカのこと(みちのく古布の世界)

浅草の「アミューズミュージアム」続編です。

● ドンジャのこと ●

「BORO」展示のなかで圧倒的な存在感を持っていた「ドンジャ」です。

[ドンジャ=夜着。ボロ布が幾重にも重なりあい15キログラムのものもある。夜になると囲炉裏の片隅でドンジャを来て座り眠る時にはこれを着たまま寝た。ひとつのドンジャに親子が裸でくるまって寝る]

b0132180_17352243.jpg


[「投げれば立つよなドンジャ着て」という言葉が遺されている。「ドンジャ」とは夜着のことである。丹前のような形をしていて、長着物のようでもあるが夜は布団の役目もする。本来の夜着や丹前は、表裏ともに木綿布であり、中には綿が入り、軽くて温かいものである]

b0132180_17385224.jpg


[ところが投げれば立ってしまうようなごついドンジャには、綿が使われていない、ボロ、ボロ布が重なり合っているから、ドンジャが立つのである。ドンジャの表には裂織の布を当て、裏には麻布のすり切れ弱った小布を幾重にも重ねさしたものを使い、厚々としている]

[私の手元にあるドンジャの皮(表地)は、古い麻布や木綿布を何枚も重ねて縫い合わせてある。上着や下着、果ては麻蚊帳の古くなったもの等、使い古された布の生命を惜しむかのように継ぎ足している。そしてその中に、麻糸を取った際に出るクズ麻を入れている]

b0132180_1739689.jpg


[そんなドンジャは、これが衣服かと思われるものであるが、まさしく布団なのである。中に入っているのが、綿ではなくクズ麻なので、ドンジャを見て「中世の寝具ですか」と問う人がいる。近世以降は木綿と綿の文化になったと信じているからである]

「中世の寝具ですか」という疑問、私には笑えません。私もそう思ってしまいます。ついこの間まで暮らしの中にあったものとは、、。


● ボロのこと ●

b0132180_174330100.jpg


[お祖父さんが生前着ていた「ぼろ」をその孫が着る。孫にとってそれはとても素晴らしいことであり感謝すべきことである。「自分はひとりで生きているのではない」ということを、家族みんながその子に伝えるためでもあるのだ]

b0132180_1745176.jpg


[何世代にもわたって受け継がれている「ぼろ」には、人と人の絆を結ぶ意味もあるのだ。古くなったり汚れてしまったものは、さっさと捨てて新しいものを買えばいいという現代の消費社会では、なかなか考えつかない発想なのではないだろうか]

b0132180_17453389.jpg
(今に通じるファッション性をアピールしてインパクトがありますが、私にはちょっと微妙な印象のマネキン展示でした。マネキンじゃない方が想像力が生まれそうな気がします)


● カッカのこと ●

[(カッカ(乳母)は)どんなに小さな布切れでも大切にする人だった。「着物をほどくときは、布を米のとぎ汁につけておくといいんじゃ。糸が抜けやすくて、その糸をまた使うことができる。一寸四方の小さな端切れも祖末にしてはいけねえよ。糸は人の体を包んで寒さや暑さから守ってくれるものだからな。大事なんだ」]

[カッカは万物に生命が宿っていると信じていた。だから山菜を採るときでも「せっかく育ったのに、わりいなあ」と、本当にすまなそうにワラビやキノコに声をかけながら一つひとつ摘んでいくのである。流し場で魚に包丁を入れるときなども、その魚に「わりな、わりな」と声をかけていた]

[魚も生きている。それを獲ってきた漁師も苦労している。生きているものを食べるときには謝り、それに感謝して食べなければいけないのだと言うのである。物や食べ物を大切にすることの根本はやさしさで、それがどれだけ大事か、カッカが教えてくれた。大切なのは富でも財でもないと、カッカは身をもって教えてくれたのだ]

[それから約二十年後、暇を見つけては針仕事に精を出したカッカは、自分が寝たきりになったとき、周囲の手を煩わせまいと、自分が使うであろうおしめを用意していた。仏になったときに着る白装束も縫っていたが、それは麻の着物であった。「死ねば山さ、行く。山道は険しい。麻の装束は汗はじきが良く、自分で種をまいて、育てた麻から紡いだ麻糸は、土に還りやすいから」]

[カッカが支度した白装束もおしめも長襦袢も、結局使われることはなかった。その頃には、麻布よりも木綿布が一般的になっていたため、親族が町の店から買い求めて着せたからである。カッカは帰らぬ人となった]

b0132180_17532524.jpg


カッカさん、田中忠三郎さん、ミュージアムに、ありがとうとお礼を言いたいです。
刺子展示のこと、「織姫」のこと、ミュージアムのこと、、まだ書きたいことがあります。次回に続きます。


*([ ]内は『物には心がある』(田中忠三郎/アミューズエンタテイメント)より引用しました)

 アミューズミュージアムの記事、発見しました。(ネットで調べても業界関係者のおつきあいブログみたいなのばかりで超つまらなかったんですが、やっとまともなものに出会いました)。さすが都築響一さん!!視点がぶれてませんね〜。&オープンまでの背景や状況なども、ようやく&よくわかりました。「スペシャリティ・ミュージアム探訪記 第1回 アミューズミュージアム」(WEBちくま)。写真も、さすがにいいです(たしか木村伊兵衛賞取ってますよね、都築さんって)。アミューズの意気と粋、既存博物館についての考え等、同感共感です。ただ、手仕事見習いJには、ミュージアムでちょっと微妙に感じた部分もあり(エンタテイメントとミュージアム、来場者イメージのことなど)、、そんなことを次に書いてみたいと思います〜。
[PR]
by kizashinoj | 2009-12-24 18:02 | ミュージアム・展示会

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj