美しい世界の手仕事プロジェクト

kizashinoj.exblog.jp
ブログトップ

部族の赤い世界@手仕事フェスタsui2

秋の「手仕事フェスタsui2」(10月の1か月間、3カ所の会場で展開中。トライブ榊さん、エスニカ田原さんが中心になって企画運営)、先日イベントの最後を飾るレクチャーイベント「アジアンカラー「赤」を語る -部族が赤に籠める思い-」が、横浜青葉台エスニカにておこなわれました。ディープなお話を楽しみに参加してきました。


b0132180_22132552.jpg
(部族トーク)


第1部は榊さんの「部族の赤い世界」スライドとお話、第2部はバローチーの恋人・村山さん&トルクメン絨緞愛好家・トルクメノローグの村田さん、プラス榊さんという”部族三銃士”三つ巴トーク。赤い絨緞や布に囲まれての濃い時空間でした。


b0132180_22113745.jpg
(部族の赤についてのスライド&トーク)


--- 旧石器時代から人々の生活の中で生きてきた「赤」の色は、世界中の先住民や少数部族にとって、祭や儀礼などハレの日には欠くことのできない色として受けつがれてきました。
太陽・火・血・果実・花・土などなどの赤は、時として様々な思いを人々の心に刻み込んできたのではないでしょうか。
ステップ大草原に訪れる一瞬の春に咲く赤いケシの花・サバンナの乾いた地平線にゆっくりおりる夕日・湿帯の北限ブナ林を彩る紅葉・ツンドラの過酷な冬に暖をとる火・そして深い森の中に忽然と現れる赤い茸。
自然界の「赤」は逞しい生きる力として、あるいは魔を追い払う呪術的な色として、深く人々の生活史に生きづいてきました。 --- (『部族の赤い世界』資料より)


b0132180_22135312.jpg
(さまざまな赤。染料や色合い)


b0132180_22121149.jpg
(遊牧民の家財道具を入れて運ぶ赤いサドルバッグを見ます)


b0132180_22143276.jpg
(バローチー、トルクメン、タイマニをはじめとする様々な部族、、フィールドや好みはそれぞれだけど部族の暮らしや手仕事を語れば尽きない、語りの”部族三銃士”!)


b0132180_22161488.jpg
(赤に囲まれて、染織談義が楽しい。参加者の中には全身トライバルの赤でキメてきた人も。おしゃれ!)


b0132180_22133888.jpg



b0132180_22164947.jpg
(苔玉。ウズベクの絨緞の上に)


イベントは全日程終了しましたが、展示販売は10月中展開されています。3会場、それぞれ魅力がありますよ。ご興味があれば、お出かけください。日程や会場はこちらで!「手仕事フェスタsuiオフィシャルブログ」
[PR]
by kizashinoj | 2009-10-19 22:33 | 09年手仕事フェスタ春・秋

ていねいなもの、思いがこもったもの、自由な精神があふれるもの、美しい世界の手仕事に、もっともっと出会いたい。


by kizashinoj